10/20、10/21:谷保サンバ

10/20(土)

曇り時々晴れ。カミさんは休みで、亜沙美は、秋葉原経由で幕張方面にお出かけ。
この日は、国立の谷保にある富士見台団地内でウニアン・ドス・アマドーリスのサンバがある。今年は夏の暑い時期がほんとうに暑くて、命の危険を感じ、羽村とか川口とかに行かなかったので、7月の国領以来、久々にカメラを担いでお出かけ。10:25に家を出て、バスで鶴川駅に向かい、小田急~JR南武線谷保駅に12:10ごろ着。まだ早いので、いちおう場所を確認した後、しばらく周囲を歩き回ってから、12:30ごろ団地の中にある広場に到着。既に30人近くがステージの周囲で場所取りしている。
13:00開始ということだったが、10分ほど早くスタート。最初にダンサーが5人ほど登場してステージに上がり、その前に30~40人ほどのバテリアが並んで演奏。しばらく演奏した後、隊列を組んでパレード開始。ここは初めて来たので勝手がわからないのだが、どうやらルートは予め決まっておらず、責任者の一存で決められているような感じ。そればかりか、公道を使ったパレードなのに通行止めの手続も取られていないのか、地域住民のクルマが入ってきたりして危ない。ギャラリーは比較的若い人が多く、そのせいもあるのか非常にアグレッシブで、少人数での整理が間に合わず。進路を予想し、先回りして場所取りしようにも、ダンサーと一緒に移動してくる列に飲み込まれ、上手く撮影することが出来ない。良くけが人が出ないな、というくらいのカオス。一応なんとか頑張って1,300枚ぐらい撮影したが、途中からはカメラを頭上に掲げて撮るしかなくなってしまった。
この日は、太陽が出たり隠れたりの天候だったので、一応1/1000のF4.5固定で、ISOオートで帳尻を合わせるつもりで始めたのだが、途中でISOが200固定になっていることに気付いた。まぁRAWだし、たぶん大丈夫なのだけれども。
混乱が収拾しそうにないので、スタート地点の広場に戻ってきたところで、演奏の終了を待たずに撤収。2本目もあったはずだがどうなったんだろうな。運営に至らないところがあるのは確かだけれど、地元民でない、外部からのギャラリー(と思しき人たち)がこんな好き勝手やってたらダメだと思う。この日に比べたら、川崎大師の方がなんぼかマシ。
気温は低めなのに汗だくになり、疲れ切って南武線。登戸で小田急に乗り換え、玉川学園前までカミさんに迎えに来てもらって帰宅。RAWファイルをPCに移動しつつ、録画しておいたスーパーGTオートポリス戦予選を視聴。NSXが速く、GT-Rが遅い。この日はF1アメリカGP予選があるが、日本時間で朝の6:00からなので、待たずに就寝。


10/21(日)

カミさんは午前中仕事で、亜沙美は終日バイト。朝早起きしてF1アメリカGP予選を観た後、二人を送って行く。良い天気なので洗濯をして外に干し、09:30から理髪店で散髪。
帰宅後は、前日の写真を現像。カオスな状況だった割には、ちゃんと写っている写真がそれなりにあるのは良かった。午後、カミさんからLINEが来たので迎えに行き、ついでに買い物。帰宅して昼食を摂り、スーパーGTオートポリス戦をTV観戦。GT500では、予選で早かったNSXに代わり、レクサスが躍進。平川・キャシディ組とNSXの山本・バトン組が、同点で最終戦を迎える展開になった。亜沙美を迎えに行き夕食。F1アメリカGPを見るため、夕食後は早めに就寝し、夜中の3時(27時)起床。なかなか良いレースだったと思う。ライコネンが勝ったのは素直に嬉しい。

10/13、10/14:「劇場版 響け!ユーフォニアム 届けたいメロディ」/「散り椿」@シネマシティ

10/13(土)

亜沙美とカミさんを仕事に送って行き、午前中は録画アニメをひたすら試聴。これで概ね追いついた感。昼過ぎにカミさんを迎えに行き、ついでに買い物。買い物中に亜沙美が来たので、三人一緒に帰宅。
昼食を摂った後、自分一人でクルマに乗り立川へ。16:00に出て、17:15ごろ合同庁舎の駐車場着。
まずシネマツーに行って発券し、シネマワンで発券。その後早めの夕食を摂り、小一時間ほど散歩。中学・高校時代はたまに来ていたのだけれど、そのころの名残を探して歩く。ぐるっと歩いてシネマツーへ。
まず、19:00からの「劇場版 響け!ユーフォニアム 届けたいメロディ」@ast。ホットコーヒーを買って入場。席はK-10。入りは8割ぐらいかな。自分の周りは埋まっている。基本的には、先週の「ようこそ」と同じ印象で、良く低音がコントロールされ、たっぷり出ているにもかかわらずダブつかないのが良かった。音量は大きめで、もう少し絞っても良いのかもしれない。
来年の「誓いのフィナーレ」も、たぶんシネマシティでやるのは9月とかになるんだろうが、その時にはオールナイト一挙上映とかやってほしいな。「リズ」はちょっと異質だから3作品でもいいけど…
終映後急いでastを出て、シネマワンに向かう。21:05から「散り椿」@hst。6Fまでエレベーターで上がり、一応トイレに行ってから入場。レイトなのでがらがらかと思ったら、15人位入っていて驚いた。
この映画、岡田准一の動きが見事で、それだけ見ている分には良いのだけれど、期待していた映像はそれほどきれいだとは思わないし、加古隆の劇伴は良かったけれど単調だし、なんといっても、セリフの敬語の使い方が気になって仕方なかった。田舎の侍は敬語も満足に使えないんだよ、というのを表しているのかもしれないが。でも、終盤に向けて物語は盛り上がって行ったので、鑑賞後の印象はそれほど悪くはなかった。
23:00過ぎに終了。外に出ると、雨は降っていないが路面は濡れていた。空いている道をクルマで帰る。行きは1時間15分ぐらいかかったのが、帰りは45分ぐらいだった。


10/14(日)

時々薄日が差すが、基本的に曇り空の一日。亜沙美は遊びに行き、カミさんは休み。
この日はWEC富士6時間レースの決勝日なので、スタートからTVで見ていたのだけれど、途中で眠くなってしまった。どうもWECの中継って、見たいところを見せてくれない感が強い気がする。少し寝て、起きたらレースが終わっていた。録画してあるからいいんだけど。
ということで、亜沙美の送迎以外、家から出ずに一日が終わってしまった。

10/06~10/08:「若おかみは小学生」@AC海老名、「Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow」/「響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~」@シネマシティ

10/06(土)

三連休初日。カミさんは休みで、亜沙美はお出かけ。雨は降っていないので朝からひたすら洗濯。亜沙美を駅まで送って行き、カミさんと二人で昼食を摂った後、F1日本GPの予選をTV観戦。台風由来の雨に助けられ、トロ・ロッソ・ホンダの2台が予選6・7番手の快挙。決勝も頑張ってほしい。
予選を見た後、島忠ホームズ町田三輪店の中の三和で買い物。


10/07(日)

晴れて猛烈に暑い一日。かみさんと亜沙美を仕事に送っていった後、そのままクルマで海老名へ。Googleマップナビの案内で行ったのだが、そこそこ長く海老名に住み、また働いていたのに、全く知らない道を案内されてびっくりした。イオンシネマ海老名7番で「若おかみは小学生」鑑賞。席はL-24で少し前寄り。100人以上は入っていたと思う。客層は幅広い印象。
「若おかみは小学生」、定時まで勤務した後に見に行ける時間帯の上映がほとんどなく、仕方なく休日の海老名に来ることになった。海老名THXは、06/27の「リズと青い鳥」以来。作品が変わっても、音場は素晴らしいが、音質はトップクラスとは言えない、という印象は変わらず。イオン海老名店自体がずいぶん老朽化しており、このハコがいつまでこのまま存続するのかわからないが、可能であればスピーカーを更新した上で残してほしいと思う。
さてこの作品、絵が低年齢層向けっぽいので敬遠していたのだけれど、あまりに評判が高いので見に来て正解だった。もう後半は滂沱の涙。お話自体はそれほどユニークなものではないと思うのだけれど、とても丁寧に、登場人物の心情を描いていたのが良かったと思う。個人的には、グローリー・水領のクルマの音が、ちゃんとポルシェの音だったのに感心した。そういうのって大事だよね。
映画が終わり、涙目で立ち上がって外に出て、クルマで帰宅。しばらくしたら亜沙美から連絡。迎えに行き、亜沙美を拾ったところでカミさんから連絡。二人を回収し、食材を買って帰宅。ちょうどF1日本GPの決勝が始まるところだった。昼食を摂りながらTV観戦。メルセデス横綱相撲という感じ。フェラーリはバタバタ。トロロッソは予選ほどのパフォーマンスを発揮できず、入賞できなかった。次に期待。


01/08(月)

曇りで、気温は前日ほどではない。カミさんは休み。学校に行く亜沙美を青葉台駅まで送っていき、そのままクルマで立川へ。いつもの通り合同庁舎の駐車場にクルマを駐め、シネマツー近くのバーミヤンでブランチ。30分ほど時間が余ったので本屋さんを覗いたあとシネマツーへ。
まずは「Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow」@ast。席はL-11。思ったより入っていて、半分強といったところか。若い子がとても多い。内容的にはファンムービーというか、スペシャルエピソード的な内容。「Re:ゼロ」を知らない人には何がなんだかわからないと思う。そういう映画だと思えば良いんじゃないでしょうか、途中ちょっと眠くなってしまったけれど。
終わってastを出て、近くのコンビニでミントタブレットを買い、すぐに戻ってast待機列に並ぶ。続いて「「響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~」。席はK-10で少し左寄り。入りは6~7割ぐらい?結構若い人が多めの印象。ユーフォの劇場1作目は、ファーストランのときには劇場で鑑賞しておらず、最初に見たのはチネチッタLiveサウンド版。その後、シネマツーast、AC幕張新都心8番、チネチッタLive Zoundで鑑賞し、今回が10回目。今まで見た中では、16/08/20のastが飛び抜けて素晴らしかったのだけれど、この日はそれを上回る上映だったように思えた。音圧高めにもかかわらず、低域のだぶついた印象は全くなし。一つ一つの音の分解能がどうこうではなく、音がぎゅっと固まって押し寄せる感じ。これで左右の広がりというか、劇場の空間をもっと描写してくれたら言うことないんだけど、それは箱の特性だから仕方ないんだろう。でも素晴らしい音響でした。この映画でこんなに泣けたのは初めてだった。満足して映画館を出て駐車場まで歩き、クルマで帰宅。Googleマップナビにいつもと違う道を走らされてちょっと戸惑ったが面白かった。

10/04:MOTO G6続き

10/04(木)

会社帰りにドスパラに寄り、ADATAのmicroSD、64GBを購入。何故かmicroSD単体とSDアダプター付きがあって、単体の方が微妙に高い。性能が違うのかは知らん。アダプター付きを購入。約1,900円也。
帰宅して、元々Zenfone2 Laserに刺さっていた東芝microSDと、PCのファイルコピーで比較したところ、ATADAの方が2.5~3倍程度速かった。やっぱり元のはおかしかったみたい。
新しいmicroSDをMOTO G6に刺し、「内部ストレージ化」するが、「SDカードが遅いっす」みたいなメッセージが出る。無視して進め、フォーマット終了後可能な限りアプリ等を移動。Androidの期待ほどは速くないmicroSDなのかもしれないが、移動したアプリを起動挿せても、もたつきなどは感じられない。Zenfone2 Laserの末期は酷かったからなぁ。これなら全くストレスを感じずに使えそう。
この日1日持ち歩いて感激したのは、電池の持ちの良さ。いや、これくらいが普通なんだと思うのだけれど、Zenfone2 Laserの以下略。
んで、Zenfone2 Laserはどうするかだけど、そのうち何かカスタムROMでも入れてみようと思う。まぁまとまった時間が出来たらね。

10/02、10/03:モトローラ MOTO G6到着

10/02(火)

MOTO G6は発注した日曜日には出荷されたが、何故か日本郵便に1日留め置かれ、この日に配送になった。昼間は誰もいないので、日本郵便のサイトから、配達前に再配達の依頼をしておいた。amazonに発注したケースとUSBケーブルは、ヤマトのサイトを見ると何故か10/03配送指定になっており、にもかかわらず、この日の朝から配送のため持ち出していることになっている。サイトで配送時間の指定をしようとしても10/03以降しか指定できないので、問い合わせ窓口に電話し、可能ならこの日に届けてもらいたい旨依頼。
昼前には、Mediapadに入れておいた旧Zenfone2 Laser用のSIMが繋がらなくなった。ということは、新しいSIMは翌日配送かな。
定時後すぐに会社を出て帰宅する途中で、ヤマトの運転手さんから、この日に届けてもらえると電話があった。
帰宅して着替えたら、すぐに日本郵便到着。箱を開けて、とりあえず付属のケーブルを使って充電していたら、ヤマト到着。早速ケースを装着。ケースは、NEXUS4で使っていたRingkeの[Fusion]で、背面は透明なPC、周囲はスモークグレー(ほとんどブラック)のTPUで出来ている。ケースを付けて並べると、Zenfone2 Laserより1cm強長いだけで、幅はほとんど変わらないのだが、だいぶ大きく重い印象。
電源を入れてセットアップ。Googleアカウントを入力し、最初にシステムアップデートを実施した後、アプリをちまちまとインストール。SIMがないのでLINEの引き継ぎは出来ないが、それ以外は問題ない。ASUSHUAWEIと違って素のAndroid。個人的には、素のAndroidに好みのホームアプリを入れて使うのがいちばん使いやすい。ホームアプリは、以前から使っているNOVA Launcherを導入。NOVAには、画面を2回タップすると画面ロックに入る機能があるが、それだとMOTO G6の指紋センサによるロック解除が出来ず、PINを入力しなければならなくなるので、指紋センサ長押しで画面ロックという運用になる。まあ、慣れてしまえばどうってことないでしょう。各種アカウントを入力し、Zoiperで(Wifi経由で)電話が繋がることを確認して、この日は終了。


10/03(水)

会社に(Zenfone2 Laser、Mediapadと一緒に)MOTO G6を持って行く。繋がるSIMが1枚しかないので、Zenfone2 LaserからテザリングでMOTO G6とMediapadをWifi接続し、業務中は机の上に並べて放置。
通勤途中にIIJmioからメールが来て、SIMを送ったとのことだったので、ヤマトのサイトから受取時間を指定。定時で会社を出てまっすぐ帰宅したら、帰宅後すぐにヤマトがSIMを持ってきた。「マルチSIM」というやつで、標準/Micro/nanoの3サイズに対応している。早速MOTO G6に、SIMとZenfone2 Laserから抜いたmicroSDカードを挿入して電源ON。当然だがちゃんと繋がった。LINEの引き継ぎをして設定完了。これで使える。
microSDを内部ストレージ化し、アプリを移動したりしていて分かったのだが、このZenfone2 Laserで使っていたmicroSDは異常にデータ転送が遅く、壊れているようだ。microSDに移動したアプリの起動が遅かったのはこのせいなのかも。

09/30:台風!/スマホ発注

09/30(日)

午前中は比較的良い天気で、時折青空が見えるほど。カミさんと亜沙美は午前中仕事なので、朝送って行く。
この日は、「府立北宇治高校吹奏楽部 第三回定期演奏会」が、よこすか芸術劇場で開催されることになっており、その夜の部を見に行くことにしていたので、台風情報と公式サイト/ツィッターを時折リロードしつつ、試聴が滞っていたアニメを見て午前中を過ごしていたのだが、11:30ごろ夜公演の延期情報がツィートされ、程なく首都圏JR線が20:00で運転を取りやめるとのニュースが流れた。まぁ仕方ない。延期公演は12月24日ということで、このタイミングで発表できたということは、運営は前日から各種手配に奔走していたんだろうな。お疲れさまでした。というか、劇場の「空き状況」を見ると、ずっと予約で埋まっているようだから、これは予め予備日として押さえておいたのかな。
ということで、午後の予定が空いてしまったのでだらだら過ごす。カミさんを迎えに行って、ついでに買い物。一旦帰宅し、亜沙美からの連絡でお迎え。JSPORTSでWTCRの中継をやっていたので視聴。
時間が出来たので、スマホの発注。予定通りモトローラのMOTO G6。ポイントが少しあったのでヨドバシで発注。ケースとUSB-Cのケーブルはamazonに発注し、IIJmioでSIMのサイズ変更手続き。丁度キャンペーン中で、サイズ変更手数料が2,000円割引になるので良かった。SIMのサイズ変更手続きをすると、新しいSIMカードへの切り替えで通信できない期間が発生する、というので、とりあえずZenfone2 LaserのSIM(SMS付き)とMediapad T2 8 ProのSIM(データ通信のみ)を入替え。Mediapadの方は、カーナビとして使うとき以外は、通信できなくてもさして困らないので、こうしておけば問題は発生しない。SIMを差替えても、Zenfone2 Laserの動作は問題ないようだ。
夕食後、F1ロシアGPを見始めたのだが、つまらなくて途中で眠くなったので、少し寝ようと思って横になり、起こされたのが0:15ごろ。寝る前とは違い、暴風吹き荒れている。我が家は雨戸がないので、風が強くなると、何かが当たって窓ガラスが割れたらどうしよう、とか心配してしまうが、心配していても仕方ないのでシャワーを浴び、就寝。

09/29:「リズと青い鳥」@シネマシティ×2

09/29(土)

亜沙美は午前中仕事で、カミさんは休み。亜沙美を送っていった後、近所の小学校に08:00すぎに行き、自分が役員になっている地域防災拠点の開設訓練。途中から雨が降ってくる生憎の天候だったが、近隣自治会から想定以上の参加者があった。11:30ごろ終了して後片付けを行い、12:00ごろから反省会。13:00ちょっと前に終わって帰宅。カミさんは亜沙美のバイト終了に合わせ、お迎え+買い物に出かけたあとだった。昼食を摂り、少し昼寝。
16:00ごろカミさんが帰ってきたので、クルマで立川に向け出発。1時間強で到着。立川地方合同庁舎の駐車場にクルマを駐める。駅周辺は渋滞していたが、この駐車場は比較的空いている。映画は19:10からなのでだいぶ時間がある。シネマツーに行って発券した後、雨の中少しうろついた後「バーミヤン」に行って、早めの夕食。まだ早いので一旦車に戻り、車内でタブレットを使い、DAZNのF1ロシアGP FP3の配信を見ていた。
上映開始30分ぐらい前にシネマツーに行き、ジンジャーエールを買ってastの待機列に並ぶ。なんと04/16以来のシネマツー。astは更にその前、03/20の「リメンバー・ミー」以来だ。上映開始20分前ぐらいに開場。席はL-11。ほぼ満席。
リズと青い鳥、長い上映期間の間に観客も鍛えられ、先日のチネチッタLive Zoundも、ほぼ満席にもかかわらず静寂に満たされた良い感じの上映だったのだが、この日のastは遅れてくる人多数+あちこちから傘などのポリ袋の、ガサガサという音が聞こえてくる、残念なコンディションだった。隣の人だったらちょっと声をかけることも出来るが、離れた席だとそうも行かず。百歩譲って、映画の冒頭はまだ荷物のポジションが定まっていないなどの事情があるのかもしれないけれど、この日は同じ列の離れたところで、終盤にかなり大きめのガサガサ音を出しているオヤジがいて、正直殺意を覚えた。ということで、せっかくの音響にあまり注意が向かなかったのだけれど、その範囲で言えば、チネチッタLive Zoundのバランス、MOVIXさいたま12番の量感のある締まった低音、AC海老名THXの分離と定位といった特徴に比べ、音量控えめ!なのに聴き取りやすいセリフとか、メインではない楽器の生っぽい聴こえ方とかが良いところかな、と思った。希美のフルートの反射光がみぞれに当たるシーンのBGM、他ではピアノ音が少し人工的?に聴こえるのだけれど、astでは、キース・ジャレットの「ケルン・コンサート」のような聴こえ方(これも生そのものの音ではないが)で心地よかった。反面、サラウンドの広がりはいまいち。本当に没入して観ることができれば印象が変わると思うけれど。終了後は拍手が起こったが、自分はする気にならなかった。
astを後にして、そのままエレベーターに乗りcstへ。すでに開場していたので、トイレに行っただけで入場。席はH-9。夜の回だが8割以上入っている。astの回よりはだいぶマシだけれど、やっぱり傘袋のガサガサ音は少し気になったかな。音響的には、astよりこちらのほうがバランスが良いが、その分特徴も乏しい感じ。ast回の影響が残ってかいまいち集中できず、途中で何度か意識を失う状態。せっかくなのにもったいない。ただEDの「girls,dance,staircase」で、鈴?が1回だけ右後ろで鳴るのだが、それが自分の2・3メートルのところでとてもリアルに聴こえて驚いた。今回、久々にシネマツーに来て、なんというか、チネチッタLive Zoundがあればいいんじゃない?という気分になってしまったのは、自分にとっても意外だったな。今日は客層が悪かった、というのはあるかもしれないけれど。
終わって外に出てみたら、ほとんど雨は降っていなかった。クルマで帰宅中、若葉台のあたりで降ったが、それ以外は降られず。