08/15:EX490のHDD交換

08/15(水)

08/13から一昼夜以上、「ディスクの削除」で放置していたEX490だが、一向に終わる気配がないので、意を決して強制シャットダウン。問題のHDDを取り外して電源を入れてみたが、データの移動はあらかた終わっていたようで、データの不整合はアニメ3ファイルと写真9枚で済んだ。写真は「ファイルの複製」がONになっているので問題なし。アニメは仕方ない。取り外したHDDのかわりに、以前から確保してあった東芝のMD03ACA200を入れて再起動。取り外したWDのHDDを母艦につなぐと、アニメ3ファイルと写真9枚が見えたので移動しようとしたのだが、移動できないようだった。やはりHDDを交換して正解。

08/14:L.L.Beanで靴を買う

08/14(火)

会社をほぼ定時で出て、(暑いので)みなとみらい線にひと駅だけ乗ってみなとみらい駅クイーンズスクエアの、最近名前が変わった「みなとみらい東急スクエア」にあるL.L.Beanへ。
L.L.Beanは、御殿場や軽井沢のアウトレットか通販で買うことが多く、ここに来るのは数年ぶり。今回は靴が欲しかったのだけれど、L.L.Beanの靴は買ったことがなかったので実店舗に来た。欲しかったのは「カスコ・ベイ・ボート・モック」というデッキシューズで、通販では9,900円の定価で売られているが、見ると6,300円(だったかな?)の値札が付いている。それ以外にも、「シグネチャー・ジャックマン・ブルーチャー・モック」定価19,000円が9,900円になっていた。こちらはサイズがないかも知れない、ということだったのだが、探してもらうと1足だけ残っていた。「カスコ・ベイ・ボート・モック」の方は8、「シグネチャー・ジャックマン・ブルーチャー・モック」は8 1/2サイズを購入。良くわからんが会員登録割引などで、支払額は15,505円になった。こんなに安いとは思っていなかった。みなとみらい線東横線菊名まで行き、横浜線に乗り換えて帰宅。
「カスコ・ベイ・ボート・モック」の方は、ソールが柔らかくて減りそうなので、クルマを運転するとき等、あまり歩かない時に履くつもり。「シグネチャー・ジャックマン・ブルーチャー・モック」は、通勤含めオールマイティに使えそう。

08/11~08/13:三連休

08/11(土)

カミさんも亜沙美も休み。午後から雨が降るという予報だったので、朝からたくさん洗濯。午後は食器洗ったり、その他雑用。亜沙美とカミさんは、亜沙美の部屋の片付け。
EX490のHDDが1台、S.M.A.R.Tで警告を出している。3年くらい前に交換したWDなのだが、怖いので交換することに。取り外すのには空き容量が必要で、そのためにはUSB2.0接続のHDDを繋がなければならない。ということで、母艦に接続していたアイ・オーのHDCN-Uに日立のHDS722020ALA330を入れたやつの中身を、母艦の他のHDDをに退避。母艦には新しいHDDを繋ぐことにし、amazonでLogitecのLHR-EJU3FというUSB3.0接続・ファン付きのケースを、NTT-XSeagateのST400DM004を発注した。
そういえば、母艦のWD30EZRZも調子悪くて、時々見えなくなったりアクセスに異常に時間がかかったりする。何が原因なんだろう…


08/12(日)

カミさんのお母さんが亡くなってはじめてのお盆。ということで、親戚一同が集まることになり、クルマで浦和へ。亜沙美は新宿で用事があるということで、後から浦和に来ることになっている。カミさんと二人でひたすら下道を走り、10:45ごろ浦和着。基本的にはお坊さんに来てもらってお経をあげてもらい、あとは親戚で飲み食いするだけなのだけれど、それはそれで気を使う。16:00ごろ浦和を出て帰宅。概ね18:00に帰宅。NTT-Xからの荷物は、父が受け取っておいてくれた。HDDケースの方は不在票が入っていたので、翌日午前中の再配達を依頼。ちょっと休んで19:00過ぎに家を出て、あかね台の和光でとんかつを食べた。帰宅してシャワー浴びて、さっさと就寝。


08/13(月)

本来は出勤日だけれど、休暇を取った。カミさんは仕事なので、朝送っていく。
とりあえずHDCN-U+HDS722020ALA330のデータ退避が済んだので、EX490に接続。DEに追加し、十分な空き容量が確保されたところで、不調のHDDの「削除」を行う。これで、当該HDDをのデータは他のHDDをに退避される、のだが、つい気になっていろいろ弄っているうちに固まってしまい、再起動してやり直し…。
そうこうしているうちにHDDをケースが届いたので、前日に届いていたHDDをを組み込み、母艦に接続。特に南の問題もなく動作。まぁ当然だが。
WD30EZRZが調子悪い件、とりあえずSATAケーブルを交換し、M/B上の接続コネクタも別の場所にしてみた。今の所直ったように見えるが、しばらく様子見だな。
昼過ぎに迎えに行って買い物。帰って亜沙美とともに昼食。午後はEX490周りの配線弄ったり、積んであるアニメ見たり。夕方にかけ、空が真っ暗になって雨が降ってきたが、雨量は思ったほどではなかったようだ。

08/05:「カメラを止めるな」@チネチッタ

08/05(日)

朝8時に3人で家を出て、クルマでチネチッタへ。映画は09:50からで、チネチッタまでは1時間弱で行くのでだいぶ早い。何かあったら困るからなのだが、9時前には着いてしまい、しばらく遠回りをした後駐車場に入れ、チネチッタの下のサンマルクカフェでお茶を飲むことに。
9:40ごろCINE11に入場。席はL-19~21。朝の回なのに場内ほぼ満席。色々な人が見に来ているようだったが、マナーの悪い人は特にいなかった印象。所々で笑いも起こり、良い感じの上映だったと思う。カミさんも亜沙美も満足していたようだったし、自分も二度目だがとても面白かった。最後ちょっと泣けた。音は
ロビーを出た左側にあるイタリアンで昼食を摂り、駐車場の時間(映画3時間+レストラン2時間で5時間無料)が来るまで自由行動。亜沙美は「ゲーセン…」とか言いながら歩いて行ったが、実際にはヨドバシにいたらしい。自分はカミさんとラゾーナ川崎に行き、カミさんと別れてビックカメラABCマートを眺めていた。駐車場で合流し、みなみ台のアピタで買い物をして帰宅。
帰宅後は、スーパーGT富士戦を「追っかけ再生」で観る。母艦で録画した(録画途中の)ファイルを、タブレットVLCで再生しながら、母艦ではLightroomで写真の現像をしていたのだが、このやり方だと早送りやスキップが出来ないのと、途中で音声フォーマットが変わると無音になるのが不便。我慢して見ていたが、Lightroomでの現像を諦め、母艦のTVTestで観ることにした。レースは、予選で好調だったGT-R勢が失速し、トムスの2台がワン・ツーを決めた。GT300はARTABMWがぶっちぎり。M6は富士(だけ)は速い。

08/03、08/04

08/03(金)

亜沙美もカミさんも、午前中は仕事。二人を送って行った後3回洗濯し、旅行の写真を現像。亜沙美はそのまま遊びに行ってしまったので、カミさんだけ迎えに行き買い物。帰宅して昼食。
15時に、ハウスメーカーのサポートの人が、エアコン電気工事の見積を持参。見ると、ヤマダ電気に頼んだ見積より1割程度高いが、ケーブルを床下に通すなど納まりが良いので、こちらで依頼することにして日程調整。09/01に工事してもらうことにした。今のところエアコンは快調に動いているので、取付は秋になってからで良いと思う。


08/04(土)

カミさんは休みで、亜沙美は午前中バイト。亜沙美を送って行った後、10:00から12:00まで防災拠点の打合せ。ほんの数分のところでやるのだが、歩いて行くだけで汗だくである。
この日は15時から「川口たたら祭り」のサンバパレードがあり、行くかどうかすごく迷ったのだけれど、気温が高すぎるので最終的に断念。いや、身体壊したらシャレにならんし。ということで、午後はJSPORTSで、スーパーGT富士戦の予選を観て過ごす。富士も暑そうだなぁ。

08/01、08/02:諏訪・白馬・滑川旅行

08/01(水)

相変わらず暑い日。06:00に出発するつもりだったが、亜沙美の準備が遅れて06:20発。まぁそれでも余裕があるので焦らず。国立府中ICから中央道に乗り西へ。燃費を気にしてゆっくり走るが、上り坂が多いのであまり良くない。途中一度だけ休憩したのみでひたすら走り、09:04に最初の目的地・「SUWAガラスの里」到着。09:00開館なので丁度よい。
2Fの博物館をゆっくり見て回り、その後1Fの広い売店をぐるぐる。次の目的地・「うな富」までは20分ほどで、開店が11:30なのでしばらく粘って、11:00ちょっと前に出発。うな富の前を通過して、下諏訪の市街地をぐるっと回って時間調整。お祭りの時期なのか、露天が出ていて賑やか。11:20ごろ「うな富」の駐車場に車を駐め、数人並んでいる後ろに並ぶ。
11:30ちょっと前に開店。予約している旨を告げると、一番奥の座敷に通された。店内はほぼ満席。うな丼の特上を3つ注文して暫く待つ。出てきたうな丼は、うなぎが丼からはみ出すほどの大きさ。去年の10月に一度来ていて、そのときは上だったのだが、今回のほうが美味しく感じられた。これで3,300円は安いと思う。満足満足。
お店を出て次の目的地・白馬八方の黒菱駐車場に真っ直ぐ向かうはずだったが、わさびソフトクリームを食べるために「大王わさび農場」に寄り道。横浜と比べれば高地だし水の近くなので、多少は涼しいのかと思ったら全然そんなことはない。ソフトクリームを食べ、売店を覗いて早々に退散し、途中のガラス工房と「道の駅白馬」に寄っただけで黒菱駐車場に向かう。狭い坂道を登っているうちに外気温計の数字が、30℃前半から20℃後半に低下。駐車場で外に出ると、まぁそこそこ快適な気温になっていた。標高1,500mだそうなので、平地に比べて概ね10℃ぐらい低いのかな。
黒菱第3ペアリフトで更に上り、しばらく散策。生憎雲が出ていて北西側の山は見えないが、下の方は良く見える。気温は20℃前半くらいで快適。少し写真を撮った後、リフトで降りてクルマに乗り、ホテルへ。16:30ごろホテル到着。
「シェラリゾート白馬」は初めて。ツイン+エクストラベッドということで予約しておいたのだが、スイートルームにグレードアップされていた。食事は20:00からということなのでかなり時間がある。部屋に荷物を置き、まずは館内探検。1Fのオープンラウンジに行き、白ワインを飲む。ここは白赤ワインにコーヒー、缶のソフトドリンク類、アイスキャンデーなどが置いてあり、宿泊客は無料。ここだけではなく、ロビーのアップルジュース、大浴場のコーヒー牛乳、大浴場近くのマッサージチェアや手作りエアホッケーなどが無料である。ぐるっと館内を歩いた後は大浴場へ。ゆっくり汗を流し、コーヒー牛乳を飲んで部屋に戻る。今年の暑さは空調の想定外なのか、特に廊下が暑い。
少しだけ横になって、目覚ましで起き、支度を整えてレストランへ。早い回は満席ということだったが、この時間もそこそこ混んでいる。国産の「重畳」スパークリングワインのボトルを取る。甲州だそうだが、癖がなく飲みやすいワイン。料理はスタンダードな「四季のコース」というやつで、なかなか美味しかった。
夕食後は、プール横の臨時バーカウンターへ。飲み物の種類は多くなかったが、これも無料。カンパリ発泡酒(金麦)で割ってもらって飲みつつ、中庭を撮影。1/4secとかの無茶なスローシャッターを切るのだが、E-M5の手ぶれ補正はなかなか強力で、よく止まってくれる。
満足して部屋へ。22:00からは貸し切り風呂「テルマエ・ロマエ」の予約を入れておいたので、カミさん亜沙美と交代で入浴。天井がない開放的なお風呂で気持ち良い。マッサージチェアで体をほぐし、部屋に戻って24:00ごろ就寝。


08/02(木)

05:00に起き、カメラを持って部屋を出る。流石に気温が低く、体感で20℃ぐらい。ホテルの敷地内をぐるっと歩きつつ、施設の写真撮影。こんなに早いのに、ホテルの人がパラソルを広げていたり、厨房内で作業をしているのが見える。小一時間歩いて部屋に戻り、大浴場へ。それなりに入っている人がいるが、年寄りばかりである。
部屋に戻り、カミさんと亜沙美の支度を待って、07:30ごろ朝食へ。満席に近い状況。昨夜は気が付かなかったが、お子様連れが多い。夕食が早い回だったんだろうな。朝食はブッフェで、料理の種類も多くて悪くなかった。9時少し前にチェックアウト。とても良いホテルだったと思う。また来たい。
せっかくここまで来たので、真っ直ぐ帰ることはせず日本海に抜けることにして北上。上越市方面に向かうつもりだったのだが、気が変わって西に向かう。海を右に見ながらしばらく走り、11:10ごろ「道の駅ウェーブパークなめりかわ」到着。食堂を見に行ったら、カミさんが「小杉和み」というお店のパンフを見つけてきた。良さそうなのでそこへ行くことに。11:30に行ったら、本日は12:00開店ですと書かれていたので、少し走り回って時間を潰して来訪。最近改装したのか、きれいなお店。ランチメニューの中から、特上握り寿司を3人前注文。のどぐろの炙りと大トロ、名前は忘れてしまったが白身の寿司が美味しかった。満足して店を出て、「道の駅ウェーブパークなめりかわ」でおみやげを買い、帰路につく。カミさんにしばらく運転を任せて、少しだけ仮眠。ずっと高速だと料金が高いので、糸魚川ICまで北陸道で行き、そこからは来た道を戻ることに。「道の駅小谷」で運転を代わって、あとは(1回給油舌以外は)ひたすら南走し、安曇野ICから長野道に乗り、諏訪ICで休憩しただけで走る。小仏トンネル手前で渋滞したが、後は概ね順調。国立府中ICで降り、若葉台ビッグボーイでハンバーグの夕食を摂って20:00過ぎに帰宅。疲れたけど楽しかった。

07/30、07/31:「カメラを止めるな」@チネチッタ/「リズと青い鳥」@AC多摩センター

07/30(月)

カミさんは仕事。こどもの国駅まで送っていって、すぐに自分も歩いてこどもの国駅に向かい、こどもの国線横浜線京浜東北線で川崎。チネチッタ8:50ごろ着。発券して2Fに上がり、少し座ったら会場のアナウンスがあった。コーラを買ってCINE11へ。席はG-18でどセンター。両隣は空いている。「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の特報が流れてちょっとびっくりした。再来年かぁ。どんな生活を送っていることやら。
さて「カメラを止めるな」、長編を初めて撮る監督の低予算映画、という程度の事前情報のみで観ていて、いやこれ、低予算の割に頑張ってるでしょ、流石にちょっと不自然なところはあるけれども、と思っていたのだが、それさえも伏線というか、「仕掛け」だとわかってびっくり。いや、この脚本はすごい。すべての伏線をきちんと回収して、かつ無駄な登場人物が一人もいない。最後は謎の感動が湧き上がって、ちょっと泣いてしまった。すごいなあ、これはすごい。
明るくなって劇場内を見渡したら、平日の朝一回だというのに半分以上埋まっててびっくり。TVとかでも紹介されているようだし、公開館も増えるので、大きなヒットになるんじゃないでしょうか。それだけの価値がある映画だと思う。京浜東北線横浜線こどもの国線で帰宅。
午後は、父と一緒に、母の入居希望の施設に出向いて説明を受ける。古いが清潔にしていて、なかなか好印象だった。途中で亜沙美を拾って帰宅。


07/31(火)

朝、亜沙美とカミさんを送っていき、午前中は洗濯三昧+洗濯機の洗濯槽清掃。昼前に亜沙美を迎えに行き、昼食を食べさせた後、再び長津田まで送っていき、カミさんを拾って帰宅。
15時半頃、カミさんに玉川学園前まで送ってもらって、小田急小田原線多摩線小田急多摩センターへ。ココリア(元は三越?)の丸善で15分ほど時間調整のあと、イオンシネマ多摩センター。この映画館は初めて。16:55から、「リズと青い鳥」鑑賞。スクリーン7は314席と、ここで一番大きい箱。席はK-10で、「多摩プレミアシート」。109のエグゼクティブシートみたいだが、リクライニングはしないと思う。大きな座面と両肘掛けでなかなか快適。追加料金無しの早いもの勝ち。お客さんは意外なほど入っていて、100人近くいたんじゃないかと思う。上映中は非常に静かで、映画に集中できた。音響的には、やや線が細くてサラウンド弱めかな、という気がしたが、悪くはなかった。映写は明るくてピントも合っていたと思うが、時々フリッカーが出ていたのが気になった。ここでの「リズ」は8/2まで。自分は8/1・2と出かけてしまうので、(シネマシティとかで上映してくれれば別だが)これで映画館での見納めになるのかなぁ。年末にチネチッタでやってくれないかな。
終わってすぐに駅に向かい、行きの反対ルートで帰宅。乗り継ぎが良く、意外なほど短時間で着いた。カミさんに送ってもらえるなら(あるいはクルマで行けるのなら)、ここも悪くない選択肢だな、と思った。まぁ会社帰りに見に行くという場所ではないから、土・日に見に行くなら、ってことになるのだろうが。