08/20:「ベイビー・ドライバー」@シネマシティ

08/20(日)

亜沙美が友達を呼ぶとかで、先週あたりから汚部屋を片付けているのだが、この日の朝は、小学校時代からの勉強机を分解して部屋から運び出した。1Fに降ろし、不用品回収を頼む予定。机を運ぶのは大変だろうな、と覚悟していたのだが、ドライバー1本で分解でき、比較的容易に階段を降ろすことが出来た。
10時からは理髪店で散髪。家に戻ってすぐカミさんに玉川学園前まで送ってもらい、小田急南武線と乗り継いで立川へ。「ベイビー・ドライバー」極上爆音上映。席はL-12。場内満席。客層は幅広いが、中高生は少なそう。「スクランブル」という映画の予告がかかったけど、なにこれ面白そう。見に来ようっと。
さて「ベイビー・ドライバー」、冒頭のスバル・インプレッサWRXでの逃走シーンが何と言っても素晴らしい。あのシーンが素晴らしいのは、主人公がぶつけないで逃げ切るところで、これは期待できるなぁと思っていたら、次からはガンガンぶつけていてちょっと萎えた。主人公カップルは二人ともキュートだし、音楽と映像のシンクロは素晴らしいのだけれど乗り切れないのは、それも含めて、主人公の優しさや、その背景の描き方が雑だから、或いは描かれているのだけれど自分が読み取れていないから、という気がする。もうちょっと何とかなってれば、結末の納得度も上がったと思う。シネマシティastなので音響は素晴らしいけれど、あんなに重低音要らない気もするので、cstの通常上映も気になる。時間があったら見に来たい。
ということで、まずまず満足してastを後にし、南武線小田急で玉川学園前。カミさんに迎えに来てもらって帰宅。亜沙美の部屋のベッドの場所が変わっていた。頑張ってるなぁ。ということで、着替えて少しだけお手伝い。
夕食後は、スーパーフォーミュラもてぎ戦決勝を見る。前日の雨で予選結果がシャッフルされ、それに加えて新しいタイヤの特性をチームが把握できなかったことから戦略に幅が生じ、けっこうオーバーテイクのある面白いレースになった。中盤までは小林可夢偉が逃げていたのだが、ピットストップに手間取り、ガスリーに後れを取って優勝できなかったのは残念。後はスタートでストールして遅れた塚越が、2ストップ作戦でオーバーテイクショーを演じたのが目を引いた。なかなか面白いレースだったんじゃないでしょうか。

08/18、08/19:「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」/「君の膵臓がたべたい」@AC海老名/TCららぽーと横浜

08/18(金)

仕事で、午後から海老名方面に行くことになったので、AC海老名で「打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか」を見ることにする。席はJ-25である。こういう作品だと競争率低い。
海老名では当然TOHOシネマズでも上映するので、この日の7番スクリーンは20人位の入り。左側入口付近に陣取った3人組は、上映中にスマホを見たりしてマナー悪かったが、他は概ね問題なかった。海老名THXは、2月の「この世界の片隅に」片渕監督舞台挨拶回以来だが、この日はあまり良い音とは感じられなかったなぁ。特に、右側からずっと低音のノイズが聞こえていたのが気になった。上映後に劇場を出たら外でも鳴っていたので、空調かなにかかもしれないけど、とにかく気になって仕方なかった。
さて、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」、試写会を見た人からは酷評の嵐だったようだし、この日も上映が終わった後、劇場から出るときに若い男性が連れに、「ずっと一生懸命見ていたんだけど、全然わからなかった」と愚痴っていたけれど、自分としては思っていたよりは良かった、というか、シャフトなんだからこうでしょ、という想定内の映画だった。菅田将暉の演技にも低い評価を付けている人が多いようだけれど、全然そんなことないと思う。あと、広瀬すずは素晴らしい。歌うところとか、とても良かった。
問題は脚本と絵かなぁ。脚本は、売りたいのなら下ネタ抑えなさいと思うし、最後の方はたしかにわかりにくい。絵は、背景はきれいだけれど、なずなの顔変わりすぎ。エンドロール見たら原画も二原も山ほど出て来るし。他のキャラはともかく、なずなだけはきれいに描かないとダメでしょ、と思った。でもシャフトだから…
まぁ微妙な思いを抱きつつ、そこそこ満足して劇場を後にし、小田急で玉学まで行き、カミさんに迎えに来てもらって帰宅。


08/19(土)

9時頃カミさんと家を出て、クルマでららぽーと横浜。TOHOシネマズでカミさんと「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」、「君の膵臓をたべたい」の、カミさんは見ていないけれど自分はすでに見た映画を2本鑑賞。
まず、10:05からの「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」。スクリーン1。席はL14、15で、ほぼスクリーン正面。入りは4~5割ぐらい。音響的には重低音が弱いが、それ以外はウェルバランスだと思った。音量的にも問題なく、前日のAC海老名THXよりも印象が良かった。映画自体は、2回めのほうが楽しめた。エンディングも自分なりに解釈できたし。カミさんは、宮野が宮野っぽさを抑えた演技をしているのが良かった、と言っていた。若い人が多い割に、客席は静かだった。
お昼を食べて1時間ぐらい自由行動をした後、今度はスクリーン5で「君の膵臓をたべたい」。席はH-8,9で、こちらもほぼ正面。ただまぁ、もう少し前でも良かったかもしれない。入りは6~7割は入っていたんじゃないかな。公開4週目なのになかなか入っている。できるだけ泣かないようにと思って見ていたのだけれど、2度めなので初見と違って結末を知っている分、ちょっとした仕草でいちいち泣けてきて困った。終了後、ふたりともほぼ無言で駐車場まで行き、クルマに乗って帰宅。
スーパーフォーミュラもてぎ戦の予選、P1開始直後に雨になり、P2、P3は決勝日朝に延期。雨のタイミングを読み誤った有力チームがP1で敗退し、決勝は後方からのスタートになるが、それはそれで面白そう。

08/12、13:「君の膵臓をたべたい」/「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」@シネマシティ

08/12(土)

カミさんは仕事で、亜沙美は休み。あまりはっきりしない天気だが、ここのところ洗濯できていなかったので、カミさんが仕事の午前中に洗濯機を4回回して大量の洗濯。亜沙美は部屋の片づけ。カミさんを迎えに行ったついでに買い物。夜は、亜沙美が翌日早いので、それに合わせてみんなで早めに就寝。


08/13(日)

亜沙美はコミケに行くというので、田園都市線の始発に間に合うよう、5時前に長津田までクルマで送る。
この日はシネマシティで「君の膵臓をたべたい」と「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」を見に行くことにしていて、「きみすい」の方はカミさんも見るという話だったのだが、結局行かないことになり、カミさんの分をキャンセルして一人クルマでお出かけ。こういう時シネマシティは本当に助かる。いつものようにららぽーと立川立飛の駐車場に駐め、モノレールで立川北。10分ほど早かったので、駅前を経由してシネマワン。1Fで発券して2Fに上がり、fstの「君の膵臓がたべたい」。席はF-10。入りは5割ぐらいで、封切りからそこそこ時間が経っているのに入っている印象。客層は、若い女性が半分以上。自分の右隣も、十代と思しき女性の二人組。映画自体は、原作を知っていると違いが気になるらしいが、自分としてはとても良い映画だと思ったし、特に後半は、隣に若い女の子がいるのに困ったなと思いつつ、盛大に泣いた。他のお客さんも、泣いていたかどうかはともかく真剣に見ていたようで、劇場内とても静かだった。音響は全く気にならなかった、ということは、本作にあった音響調整だったということなのだろう。
一旦劇場を出て隣りの高島屋に行き、本屋さんでしばらく本を眺めて、再度シネマワンfstで「ノゲノラ ゼロ」。席はH-10。こちらの方が「きみすい」より少し少なかったような気がするが、それでもかなりの入り。こちらは男性が多い。3回目のせいか、朝早く起きたのが効いたのか、途中記憶がないところもあるけれど、後半は覚醒してちゃんと見てた。過去2回で見逃したところで気づいたこともあったし。音響的には、ウェルバランスな極爆という感じで、非常に宜しい。ED曲もastに負けず劣らず。cstでも聴いてみたかった気がするけれど…。「きみすい」に続き、こちらも皆さん最後まで静かに見ていてくれて、大変良かった。今週末の3本は、どれもお客さんのマナーが良かったな。
終了後モノレールでららぽーと。まっすぐ駐車場に行き帰宅。いつもの裏道を通ったが、ゆっくり走っている車が多くて、ちょっとイライラした、お盆休みだからなぁ。

08/11:「君の名は。」@チネチッタLive Zound

08/11(金)

18時から、チネチッタLive Zoundで「君の名は。」の最終上映。亜沙美は遊びに行ってしまったので、カミさんと行く。昼過ぎに仕事終わりのカミさんを長津田で拾い、鉄町の「プロローグ・プレジール」で遅めのランチ。ピザとパスタをシェアして食べたが美味しかった。時間があるので、恩田川沿いの「テーブルガーデンセンター」に行き、プランターに植える植物を購入。クルマの後ろに積んだまま川崎を目指す。Yahoo!カーナビの言いなりにすすんで、ほぼ到着予定時刻通りの16:30ごろ、チネチッタ駐車場に到着。チネチッタ駐車場は、映画鑑賞で3時間、ラ・チッタデッラ内の飲食で2時間、計5時間の駐車サービスがあるので、この時間に入れば無料で駐められる。映画まで1時間半あるので、発券した後夕食をどこで食べるか見て回り、その後(比較的涼しいので)地下街を見て回る。そろそろいいか、と20分前に劇場に行き入場。飲み物を買ってCINE8へ。席はO-14と15。祝日だということもあり、場内8割くらいの入りかな。
ここでの「君の名は。」というと、Live Zound初日の昨年9/17にカミさんと一緒に見に来て以来。あのときは、まだ新しいスピーカーシステムが(ハードもソフトも)こなれていなくて、非常に尖った音になっていた記憶があるのだが、それに比べると今回はだいぶマイルドになった。それでも通常の映画音響とは違う、Live Zoundっぽさがちゃんとあって、なかなか良い感じに鳴っていたんじゃないかな。客層は幅広かった印象だけれど、かなりたくさん入ったにも関わらず、余分なノイズを出すような人は皆無で、みんな真剣に見ていた。上映終了後は自然に大きな拍手が湧き上がって、本編では泣かなかったけど、そこでちょっとうるっときた。とても良い雰囲気の上映だった。
結局「アルカサール」でハンバーグを食べ、クルマで22時前に帰宅。亜沙美は23時過ぎに連絡があったので、長津田までお迎え。こどもの国線は、土日祝日は長津田発23時04分が最終なので、ちょっと遅くなると厳しい。

08/07、08/08:クルマのタイヤ交換

08/07(月)

カミさんも子供も仕事。二人を送って行き、9時から病院に行き採血。薬局で薬を受け取って10時ごろ帰宅。アニメを見つつ、土曜日に撮った写真を現像。
我が家のGP5フィットは、新車時についてきたタイヤを履きつづけてきたのだが、特にショルダー部が激しく摩耗していて、そろそろ替えないとやばい状況。そんなに飛ばしているわけでもないのにショルダー部が減り、その割にトレッド面の縦溝は残っているのだが、それにはたぶん二つの理由があると考えている。ひとつはタイヤ自体で、転がり抵抗低減のために横方向の溝やサイプを減らしつつ、縦溝を深くすることで排水性を確保しようという設計なのだろうということ。もう一つはクルマの問題で、大舵角時に内外輪の切れ角の差(アッカーマン比)が小さすぎ、内外輪共に滑りながら旋回するような状態になっているために、ショルダー部が減るのでは?というもの。それで何故ショルダー部が減るのかというと、大舵角ではタイヤが傾くからで、摩耗したタイヤのショルダー部を見ると、ささくれたような、ゴムがむしれたような摩耗状態なので、こちらが主因のように思える。この大舵角時の問題は、GP5にいくつかある欠点のうち気になるもののひとつで、例えば雨の日に、交差点を曲がろうとして、ステアリングを大きく切った状態で発進したときに片輪がマンホールを踏むと、かなり大きく挙動が乱れる。大舵角時に、内側のタイヤがもっと大きく切れれば良いのだが、それをやるとホイールハウスが大きくなるので妥協したのだろうと思う。
んで交換するタイヤだが、ネットで検索して調べたうえでコストコに電話し、まぁ割引サービス含めればそこそこ安いだろうということで、コストコでヨコハマBluEarth Aに交換することにした。昼過ぎにカミさんを迎えに行って話し、可能なら夕方に交換しに行くということで再度コストコに電話したのだが、この日は予約で一杯ということで、翌日の18時にカミさんが行くことになった。後で気づいたけど、新車装着もヨコハマだった。OEM用だから中身は全然違うと思うけど。


08/08(火)

この日から出社。カミさんと亜沙美は休みで、夕方座間のコストコに行ってタイヤ交換して来てくれた。帰宅してから見てみると、同じヨコハマの同じサイズなのだけれど、新車装着のタイヤとはショルダー部のプロファイルが異なり、よりスクエアな形状になっているようだ
。夕食の前に近所を軽く一回りした限りでは、だいぶ当たりが柔らかくなっている印象だけれど、3年8か月経って摩耗・硬化したタイヤと比べれば当然なので、しばらく乗ってみないとわからないと思う。とは言え、しばらく乗ってると、慣れてしまって分からなくなっちゃうんだけどねぇ…
金曜日の上高地行の後、トランセンドの32GBSDカードが1枚(とα6000のアイピースが)行方不明になってしまった。アイピースはスペアがあるからまぁいいとして、SDカードは一応、amazonマーケットプレイスから東芝の64GBを1枚発注。この日に届いた。正規ものではなく並行輸入だけれど、サンディスクじゃないので大丈夫、かな??

08/05、06:カメラ担いでお出かけ×2

08/05(土)

カミさんも亜沙美も仕事。天気予報は曇りだが、そんなに悪くなる気配はない。
9時半から、防災拠点の会合。11時半で先に上がらせてもらい、一旦自宅に戻ってから、カメラバッグをクルマに積んで長津田駅。カミさんにクルマの駐車場所が分かるようLINEで連絡して、田園都市線に乗る。川口たたら祭り。去年も同じように防災拠点の会合があり、諦めて行かなかったのだけれど、今年は行ってみることにした。田園都市線半蔵門線南北線埼玉高速鉄道と4路線乗り継ぎだが、相互乗り入れがあるので、実質的な乗り換えは永田町の1回だけ。南鳩ヶ谷駅で下車。曇っているが猛烈に蒸し暑い中、川口オートレース場まで歩く。20分ぐらいだと思うが永遠に感じた。
サンバパレードは、オートレース場前の道を閉鎖して行う。途中で緩く曲がっているが比較的見通しが良く、場所を選べば日当たりも良さそう。歩道が狭いのがちょっと問題かも。結構早く着いたのでコースを一往復歩き、14時の閉鎖と同時に場所取りをして縁石に座って待つ。パレード開始は15時なので1時間あり、薄日が差してきて更に暑くなる中待つのは辛い。来年来るとしたら、あと30分ぐらい遅くてもいいかも。
15時にパレード開始。まずはアレグリアで、ここは昨年は撮らなかったので久しぶり。次がアハスタォン。ここまでは縁石に座ったまま撮っていたのだが、やはり自分としては立った方が撮りやすい。ということで、次の自由の森学園は座っている人の後ろに回って撮り、終点手前ぐらいまで追いかけて撮る。最初の場所に戻って、ラストはウニアン。これも終点まで追いかけて撮り、終了と同時にカメラを仕舞って帰路につく。だいたい1時間強の撮影で1200枚ぐらい撮った。帰りも行きと同じく南鳩ヶ谷まで歩いたのだが、もうこの時点でへろへろである。この日は夕方別の場所でもサンバパレードがあったが、そちらにも行った人ってどんだけ体力があるんだろう、と思う。汗でびしょ濡れのシャツを扇子で仰ぎながら、行きと反対に乗り継ぎ、長津田からこどもの国線。カミさんにこどもの国駅まで迎えに来てもらった。あぁ疲れた。
着替えて冷たいものを飲みつつ、スーパーGT富士戦の予選を見る。今年はこれまでレクサス勢が圧倒的に強かったが、ここに来て三陣営の性能差がほぼなくなった印象。レースは面白くなりそう。


08/06(日)

亜沙美は何かのイベントでお出かけ。カミさんは休み。
この日は「あつぎ鮎まつり」のダンスイベントを撮りに行くことにして、10時前にカミさんに玉川学園前まで送ってもらった。そこから小田急で本厚木に行き、11時前に会場に着いてみると、すでに一番前の席は場所取りされて空いていなかった。去年はもっと遅い時間でも空いていたのになぁ。仕方ないので、前の方の席左側に立って待つ。朝のうちは曇りだったのだがどんどん晴れてきて、この時点で快晴。立っているだけで猛烈に暑い。汗をだらだらかきながら、リハーサルなどを眺めて1時間。ようやく「Atsugi Dance Regend」開始。
撮っていてもとにかく猛烈に暑く、とても最後まで持ちそうになかったので、ハーフタイム前に断念して撤収。面子としては後半の方が面白そうだったのだが、体調を崩したらしょうがないので。小田急の各停で、ゆっくり体を冷やしながら玉川学園前まで戻り、カミさんの運転するクルマで帰宅。いや、死ぬかと思った。
着替えて、スーパーGT富士戦の決勝を見る。前回の菅生もものすごいレースだったが、今回も実力伯仲で大変面白いレース。個人的には、GT300のVivaC86がリタイヤしてしまったのが残念だった。次は鈴鹿1000kmか。楽しみ。

08/04:上高地に行く

08/04(金)

 

朝3時!に起きて、4時に出発。3人の休みが合うのがこの日しかなかったので、日帰りで何処かに出掛けることになり、上高地に行くことに。amazonベーシックのショルダーバッグにα6000とE-M5を詰め込んで持って行く。Googleマップナビに任せて走っていたら、圏央道の高尾山ICまで下道を走らされて、初めて走った道だったので楽しかった。FM横浜を聴きながら走っていたのだが、ちょうど最近のアニソンがかかっていた。でも相模湖あたりで聴こえなくなってしまい残念。中央道はそこそこ空いていて、途中フタバICでの休憩を挟んで快調に走る。相模湖のあたりは靄っていたものの、甲府盆地に入ってからは雲が切れてきた。一日中曇りだと思っていたのにそうでもないのかな。
松本ICで高速を降りて西に進み、沢渡のバスターミナル付近に7時半頃着。駐車上はすでにそこそこ埋まっている。そこからバスで行くつもりだったが、別のお客さんと相乗りしていくことになり、タクシーで大正池。水面に白く靄が立ち上り幻想的。しばらくE-M5で写真を撮った後、梓川沿いを河童橋に向かう。前にここを歩いたのは16年前ぐらい。亜沙美は4歳だった。当時の写真を見ると可愛いんだよな。
歩いているうちに晴れてきた。嬉しいが暑い。ベンチを見つけ、亜沙美に日焼け止めを借りて塗る。ひたすら歩いて、河童橋に9時40分ぐらい着。空はすっかり晴れ、気温は低いが日が当たると暑い。昼食には少し早いので1時間ほど歩くことにして、梓川の西側を明神池方面に進む。とはいえ、明神池往復は時間がかかるので、途中まで行って引き返し、10時40分頃河童橋近くの「河童食堂」で早めの昼食。3人とも「山賊定食」を食べたが、思っていたよりずっと量が多くて満腹になった。食後はビジターセンター経由でキャンプ場を抜け、しばらく川上側に歩くが、特に景色が良いわけでもなく、歩くモチベーションが保てなくなったので引き換えし、河童橋周辺でしばらくうろうろし他後、13時半ごろのバスで沢渡に戻った。結構歩いたというか、歩く以外にやることがないというか。あと、α6000も持って行ったのだが、結局E-M5しか使わなかった。おまけに、帰宅してから見たら、α6000のアイピースがなくなっていた。
クルマで松本の市街地を横切り、北東側にある「枇杷の湯」という温泉へ。平日のまだ早い時間なので空いている。ゆっくりお湯につかり、少し涼んで16時ごろ帰ることに。Googleマップナビを見ると、中央道は大槻から先で事故渋滞の模様。そこまでは結構なペースで走り、おとなしく渋滞にはまって、高尾のJCT圏央道に入り、相模原愛川ICで降りた後は、裏道を駆使して渋滞を避けつつ、20時過ぎに近所の回転寿司屋に到着。夕食を摂って帰宅。往復500kmぐらい走って疲れた。シャワー浴びて爆睡。