06/18:「劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ」@新宿ピカデリー

06/18(火)

無理やり?会社を18︙00に出て、山手線外回りで新宿。新宿ピカデリーには18:45ごろ着。すぐに開場のアナウンスがあったのでとりあえず入場し、エスカレーターで9階へ。トイレに行き、PETボトルの自販機があったのでお茶を買って、シアター6に入る。席はI-10。予約開始時間に、チネチッタで「プロメア」を見ていて出遅れたので、ど真ん中は取れなかったけれど、前後方向はベスト。230席強のシアター6が満席である。チューバくんが特典を手渡ししてくれるから、というわけではなくて、多分この日が19:00開始だったからだと思う、他の日は22時台開始で遅すぎるので。
この箱は初めてだけれど、SNTらしく質の高い上映で、映像・音質とも満足。上映開始に遅れてきた人が多かったのは残念だったけれど、ほかは特に問題なかった。「誓いのフィナーレ」は8回目。実は、TV版含め、ユーフォのセリフには時々違和感を覚えるものが混じっていて、特にこの劇場版では気になるところもあるのだけれど、音響のよい劇場で聴く「リズと青い鳥」はやはり格別である。終了後に拍手。その後チューバくんが登場し、「前の列から1列づつ整列して、スクリーンの前でチューバくんから特典をもらう。3年生編決定の絵だった。そのまま劇場を出て、小田急で玉学、カミさんに迎えに来てもらって帰宅。
あとは、7月に2週間ほどシネマシティで上映があるそうなので、そのときに見に行くことになると思う。「リズ」との連続上映とかやってくれるのだろうか?

06/16:クルマの定期点検

06/16(日)

午前中は、クルマをdealerに持ち込んで定期電源。特に不具合はないので、点検とオイル交換のみ。数十分で終わるということで、近くのホームセンターで時間調整。このホームセンター、前と比べてずいぶん売り場構成が変わっている。ホームセンターの売上は減っているそうで、色々考えているのだと思うが、ホームセンター本来の魅力を損ねているように思った。
クルマを受け取り、青葉台のやまやに行きお酒を買う。今回はウイスキーを2本とジンを2本。
帰宅して昼食を摂り、午後はルマン24時間の中継を見ながら、5月に撮った写真の現像をして過ごす。ルマンは、トヨタ2台がリードして迎えた終盤、トップの7号車が突然のピットインで8号車がトップに立ち、そのまま逃げ切って昨年に続き優勝。夕食を挟んで最後まで見て、父の日だからと買ってくれたケーキを食べ、入浴して就寝。

06/15:「ガールズ&パンツァー最終章 第2話」/「プロメア」/「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない 」@チネチッタLive Zound

06/15(土)

朝から雨。午前中は防災拠点の総会があったので、傘をさして地区センターへ。終わる前の11:20ごろ抜けて、一旦自宅に帰り、クルマで母が入院している病院へ。先生より病状の説明。うーん、ちょっともうダメなのかもなぁ…。クルマを長津田駅近くの駐車場に駐めたまま、田園都市線南武線で川崎。
昼を食べている時間がなかったので、北口改札を出たところにある蕎麦屋さんでかき揚げせいろを食べ、地下街を通ってチネチッタへ。この日はロビーがめちゃめちゃに混んでいて、対策として、CINE8の作品は早めにアナウンスして上階のロビーで待たせるという手を使っていた。「ガールズ&パンツァー最終章 第2話」14:05の回。ほぼ満席。音作りは、あまり極端に低音ブーストしている感じではなく、バランスの良い音だった。お話は安定のガルパンというか、みんな成長してるんだな、というか、まあそんな感じ。面白かったけど、前話からここまで間隔が開いてしまうと厳しいなぁ。次はもうちょっと短い間隔でお願いしたい。
上映終わって、渋滞するエスカレーターでロビー階に降りたら、すぐに「プロメア」の開場アナウンス。どういう映画なのか、あまり情報がない状態で見に来たのだが、なんだかやたらと女性客が多い。席はP-14。両隣とも若い女性。音は、隙間なく敷き詰めていくような印象の音作りで、マッシブできらびやか。高域に少し色がつくのはLive Zoundの特徴だと思うが、それほどうるさくは感じない。映画の内容は、まぁ、あれだ。「グレンラガン」だな、同じ監督・脚本コンビだし。面白かったけれど、音と映像で殴られ続けてちょっと疲れる。でもそれだけに、終盤に無音になるシーンは効果的だった。
本編終了後、劇伴担当の澤野弘之と音響監督のえびなやすのりによるトークショー澤野弘之というと、個人的には「Re:CREATORS」の印象が強いのだけれど、「ギルティクラウン」、「進撃の巨人」、「キルラキル」、「甲鉄城のカバネリ」なんかもそうなんだな。今西監督とは「キルラキル」以来なのか。
終了後、再び渋滞するエスカレーターで一旦ロビーに降り、すぐに入場。本日3回目のCINE8で「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」。事前に岩波音響監督のツィートで「3.1ch」だと知っていたので、席は前よりのK-14これもずいぶん入っている。「ガルパン」と同じ音響スタッフだけれど、音の傾向はずいぶん違って、上と下をあまり出さずに、セリフをしっかり聴かせる感じ。内容的には、青ブタの世界がわからない人にとっては全くわからないと思うが、TVシリーズが大好きだった自分にとってはとても良い映画だったと思う。この日は3本目ということもあり感覚が鈍麻していて、最後に少しほろっとしただけだったけれど、コンディションによってはボロ泣きしていたかもしれない、と思いながら観ていた。個人的には最後の方、咲太の無事を知った双葉が、足の力が抜けて立てなくなるシーンが好きだなぁ。種﨑敦美の演技含め、双葉は好きなキャラ。うん、良かった。満足。
映画終わって、本日3度めのエスカレーター渋滞を抜けて川崎駅に向かい、南武線田園都市線長津田での待ち時間が長いので、カミさんに青葉台まで迎えに来てもらった。帰宅して夕食をとり、録画でル・マン24時間のスタートシーンを見る。まぁトヨタが勝つんだろうけど。

06/14:「劇場版 Fate/kaleid Liner プリズマ☆イリヤ プリズマ☆ファンタズム」@TOHO川崎

06/14(金)

定時で会社を出て、浜松町駅から京浜東北線。一番前の車両は比較的空いているはずだが、それでも結構な混雑。まぁ川崎までは20分弱なので、あまり問題はない。少し時間があるので、ヨドバシカメラでレンズや家電を見てから、TOHOシネマズ川崎へ。スクリーン6で「劇場版 Fate/kaleid Liner プリズマ☆イリヤ プリズマ☆ファンタズム 」。ビールのラージサイズを買って入場。公開初日ということで、結構入っている。席はJ-13、スクリーン6は、昨年2月の「さよならの朝に約束の花をかざろう」以来。あのときも印象は良くなかったが、この日も良くない。高域が歪っぽい上に音量が大きいので、聴いていてつらい。もうちょっと音量を抑えてくれれば、まだ我慢できるのだが。
さて映画だが、これはまぁ、ファンディスクみたいな作品なので、プリヤを知っている人がそういうつもりで見るのなら、楽しめると思う。でも自分は、1回見ればいいかなという感じ。入場開始のとき、「スクリーン6、フェイト、入場開始です」みたいなアナウンスで、ちょっと笑ってしまった。
映画終了後は、南武線田園都市線で帰宅。

06/09:特に何もなし

06/09(日)

土曜が出勤日だったので、休みはこの日だけ。10月までは有休もないし仕方ない。ただ、土曜出勤は電車も空いてるし、社内も空いてて快適ではある。
この日は、午前中は自治会の委員会で、午後は防災拠点の打ち合わせ。終わったのは15時過ぎで、雨が降っていたこともあり、その後はLightroomを弄っていたぐらいで、特に何もせず。亜沙美を町田まで迎えに行き、お酒飲んで夕食食べて、早い時間にシャワーを浴び、午前3時からのF1カナダGPに備えて就寝、と。

06/01、02:研修終了

06/01(土)

朝6時に起きて、部屋の片付け。とにかくモノを増やさないという方針だったので、それほどたくさん捨てる物がある訳でもなく、2時間ほどで片付けと荷造りが完了。14:00ごろ新大阪発の新幹線で帰るつもりだったが、11:30ごろの列車に予約変更して、09:00ごろ出発。09:45ごろ新大阪着。
お土産とお弁当買って、しばらく駅ナカをうろうろしているうちに出発時刻。新大阪始発ののぞみで、席は1Dなので背後に荷物が置ける。結構空いていたが、京都でほぼ満席になった。14:00ちょっと前に新横浜駅着。そこから、乗り慣れた横浜線長津田。月曜からの通勤定期を買って、こどもの国線で帰宅。カミさんと亜沙美は、カミさんの実家に行っているので、一人で荷物をほどき、久々にPCを立ち上げて、4月からE-M5に蓄積された画像データを移す。Lightroomで現像したり、溜まったアニメの録画ファイルを処理したりしているうちに、カミさんと亜沙美が帰ってきた。先週会ったばかりだから、あまり感慨はないが。3人でとんでんに夕食を摂りに行き、帰宅してシャワー浴びて、富士24時間の録画を見てから就寝。


06/02(日)

ゆっくり起きて、Lightroomを弄る。横浜と銀座のパレード写真もまだ現像してないし、大阪滞在中の写真もやらないとならない。
11:20から理髪店で散髪。帰宅してお昼を食べ、亜沙美が出かけるというので、送りがてら買い物。帰宅後は、富士24時間2日目の録画を追いかけ再生しながら、Lightroomで大阪の写真を現像。翌日からは浜松町で勤務か。何だか信じられない気分。夕食とシャワーのあとは、翌日に備えて早めに就寝。

05/29〜05/31:宮城で研修

05/29(水)

定時後に移動。御堂筋線阪急宝塚線大阪モノレール伊丹空港ANAの仙台行きに乗る。737-800。終始好天で、窓側の席からは地上の明かりがよく見えた。仙台空港からは、仙台空港アクセス線で仙台駅。この日の宿は仙台駅近く。宿到着は22:00ごろ。もう少し早く着きたかったが仕方ない。近所のファミレスで遅い夕食を摂り、入浴して就寝。


05/30(木)

目覚めたら06:00過ぎ。早く起きられたら散歩に行こうと思ったが断念し、着替えて朝食。支度を整え、07:30ごろチェックアウト。
仙台駅から東北本線で南へ。3月に面接で来て以来だ。2ヶ月ちょいしか経っていないのに、ものすごく昔の事みたいだ。船岡駅からタクシーで目的地着。
研修内容は省略。昼と夜は事業所内の食堂で摂り、夕食兼懇親会の後、バスで船岡駅近くのホテルへ。あたりは、数軒の飲み屋とコンビニぐらいしかない。コンビニで飲み物を買い、あとは部屋でおとなしくしていた。


05/31(金)

研修二日目。バスで移動し、食堂で朝食。昼食を挟んで17:00まで研修。
終了後は、丁度こちらに出張に来ていた人のレンタカーに乗せてもらって空港。そこから伊丹空港行きANA。行きと違い、帰りはエアバスA321。窓際だが、曇りでほとんど何も見えなかった。伊丹上空で順番待ちのため旋回を繰り返し、予定より遅れて到着。モノレール〜阪急宝塚線大阪環状線長堀鶴見緑地線で横堤。コンビニで食料を調達して帰宅。明日はここを引き払って、自宅に戻る。