02/16、02/17:…

02/16(土)

亜沙美は渋谷でバイト、カミさんは午前中仕事。朝二人を長津田まで送って行った後、支度をして、02/02と同じく「所用」でお出かけ。バスで鶴川に出て、小田急南武線武蔵野線と乗り継ぎ目的地へ。
所用を終え、行きと同じルートで帰宅。丁度カミさんがこどもの国線で帰って来るところだったので、こどもの国駅までお迎え。昼食後は、洗濯したりアニメ観たり昼寝したり。
19時ごろ、バイト帰りの亜沙美と長津田駅で合流し、みなみ台アピタへ。亜沙美のメガネとコンタクトを買い、大戸屋で夕食を摂る。21:00の閉店間際までアピタにいて帰宅。


02/17(日)

カミさんは仕事で、亜沙美は一日遊びに行くとのこと。まずカミさんを送って行き、一旦帰って亜沙美を長津田まで送って、そのままガソリンスタンドに行き給油。帰宅して、理髪店まで歩いて行き散髪。11:00ごろ帰宅して、バスタオル類の洗濯、と。洗濯機を買いかえて2週間。非常に静かなのは素晴らしいが、小さな不満は閉めた状態の上蓋が水平でないこと。上蓋を占めた状態で、その上に液体洗剤のボトルを置き、詰め替え用のパックから移し替えるといった作業は普通に良くやることだと思うのだが、それがやりにくいのが不満。水平にしても問題ないと思うんだけどなぁ。
昼過ぎにカミさんを迎えに行って買い物し、午後はまったり。亜沙美は遅くなるということなので、夕食はカミさんと二人。少しお酒を飲み、亜沙美のお迎えはカミさんにお任せ。

02/09~02/11:三連休

02/09(土)

カミさんは休みで、亜沙美はイベントとかでお出かけ。天気予報は雪だが、朝のうちは降っていない。亜沙美を長津田まで送って行った後、新しい洗濯機でシャツ類の洗濯。さすがに、古い洗濯機と比べてかなり静か。ただ洗濯サイクルが始まると蓋がロックされ、蓋に透明部分があるわけでもないので、中で何が起こっているのかわからないのが不安。まぁ、見えたからどう、ということはないのだけれど。
昼頃が雪のピーク、ということだったのだが降り出さないので、昼食後にカミさんとみなみ台アピタへ。ABCマートで靴を買おうと思ったのだが、先客が二組いて選びにくかったので後日ということにし、1階の電気屋さんでちょっと冷蔵庫を眺めた後、食材の買い物。終わって駐車場から外を見ると、雪が降っている。帰宅後しばらく降り続き、屋根の上などは白くなったが、道路に積もるほどではなかった。深夜亜沙美が帰ってくる頃には止んでいて、いちおう凍結に注意しながら長津田までお迎え。


02/10(日)

朝から晴れ。亜沙美もカミさんも休みで、特に亜沙美は日頃の寝不足を解消すべく、午前中は起きてこない。自分は06:30に起き、午前中は洗濯とアニメ視聴。昼食を三人で食べて、午後も特に外出するでもなく、まったりと過ごす。誰かを迎えに行く必要がないので16時ぐらいから飲み始め、そこそこ酔って夕食後は少し寝てしまった。翌日も休みか。


02/11(月)

亜沙美もカミさんも仕事。亜沙美を起こして06:30ごろ玉川学園前まで送っていき、一旦帰ってカミさんを長津田に送る。天気良くないので外出する気にもなれず、午前中はひたすら録画の消化。カミさんからの連絡で昼過ぎに迎えに行き、昼食後は眠くなり午睡。夕方起きて夕食の支度を途中までして、亜沙美からの連絡で玉川学園前まで迎えに行くが、寝過ごして急行から各停への乗り換えをミスったとかで、一旦新百合ヶ丘まで行って引き返してくるとの連絡があり、しばらく待たされる。玉学の駅周りは、長時間停めておくのが難しいんだよなぁ。次からは、確実に玉学に降りる時間が分かってから迎えに行くことにしよう。
夕食後、早めに入浴して就寝。平和な三連休だったなぁ。

02/08:「劇場版 シティーハンター 新宿プライベートアイズ 」、「劇場版 幼女戦記」@チネチッタ

02/08(金)

定時後すぐに会社を出て川崎へ。まずは夕食ということで、昼ごろから何を食べるか考えていたんだけど、結局日高屋…。
少し時間があるのでヨドバシカメラに行く。店内改装中で閉鎖している区画があったりしたが、どうなるんだろう?
19:00ちょっと前にチネチッタへ。「劇場版 シティーハンター 新宿プライベートアイズ 」@CINE8。席はO-14。入りはどれくらいだろう、400人ぐらいは入っているような気がする。年齢層は気持ち高めだが、おっさんばっかりというわけではない。予告の音を聴く限り、高域バッサリ+中低域マシマシのかなり極端な調整のようだが、本編はまともに聴こえた、ってことは、無調整だとかなりハイ上がり+中低域スカスカなのかな。お話自体は、そういえばシティハンターってこんな感じだったっけ、って感じ。設定がどうとかはともかく、映画としてはもうちょっとこう、うまくまとめられたんじゃないかなぁ。個人的にはあまりノレないうちに終わってしまったなぁ。音楽は懐かしくてよかったし、ハマる人はハマるのかもしれんが。あと、今どきの劇場版にしては作画がいまいち。クルマがCGじゃないのは最近では珍しいが、頑張って描きましたって感じでもないので、アレならCGのほうが良かったのでは。ミニのナンバーが「3ナンバー」だったのはなんでだろう?BMCミニだよねぇ。
一旦劇場を出てトイレに行き、コンセでコーラを買って再びCINE8へ。「劇場版 幼女戦記」。席は一つ後ろのP-14。遅い時間だが、入りは「シティハンター」と同じくらい。こちらはそんなに極端な調整はしていないようだが、岩浪組らしく美しく迫力があり、音像もよく動く。絵もきれいだし、お話も良かったんじゃないでしょうか。これはリピートしたいので、もう一度くらいはどこかに行こうと思う。続きはあるのかなぁ。ぜひやってほしい。
ということで、個人的には1勝1引き分け的な気分でチネチッタを出て川崎駅へ。横浜線は最終電車東横線が遅れたとかで、菊名で5分ほど待ち、長津田0:45頃着。こどもの国線は終わっているので、カミさんに迎えに来てもらった。

あ、洗濯機は木曜に届いたが、天気が悪いのでまだ洗濯していない。三連休に試してみたいと思う。雪が降るらしいが…

02/02、02/03:洗濯機壊れた

02/02(土)

亜沙美は仕事で、カミさんは休み。朝早く亜沙美を長津田まで送って行き、帰って洗濯していたら、洗濯機の様子がおかしい。我が家の洗濯機は、結婚当時から使っている三洋電気製!の縦型全自動なのだが、脱水時に排水できなかったり、脱水モードで洗濯槽が回転せず、パルセータだけが回ったりする。何とかその日の分の洗濯は出来たが怪しい。
その後は所用で(今は書けないが、近いうちに書けると思う)お出かけ。目的地は東京都の埼玉県寄りなので、カミさんに玉川学園前まで送ってもらい、小田急南武線武蔵野線と乗り継いで目的地へ。「所用」は13:00からで、終了は14:30ごろ。行きの反対ルートを辿り、カミさんに玉川学園前まで迎えに来てもらい帰宅。洗濯機については、十分長く使ったので買い換える方向で検討することに。とりあえず、翌日電気屋さんに行くことにした。アニメをいくつか鑑賞し、19:00過ぎに亜沙美を迎えに行き夕食。


02/03(日)

亜沙美もカミさんも仕事。朝二人を長津田まで送って行く。
午前中は、地域防災拠点・定点診療拠点の解説・運営訓練。一応09:00~12:00ということで計画していたのだが、医師会・薬剤師会等、多くの方においでいただき、その後の反省会を含めると13:00近くまでかかった。有益なご意見をたくさん頂戴したので、今後に生かしていきたい。
カミさんを迎えに行き、自宅で昼食を摂った後、エアコンを買ったのと同じヤマダ電機へ。最近はドラム式ばっかりなのかと思ったら、そんなことはないんだな。そんなに深い理由があるわけではないのだが、パナとシャープの白物家電は買わない、というのがポリシーで、ほぼ必然的に日立か東芝になる。日立のは洗濯槽の底面のうねり?が生理的に受け付けないとカミさんが言うので、東芝のAW-8D7を選択。その場で手続きをして、02/06(水)に届けてもらうことにした。検討するつもりで行っても、結局買っちゃうんだよね。これで、結婚当初から壊れずに使っている大型家電は、三菱の冷蔵庫だけ。今のところは大丈夫だけれど、そろそろ壊れるのかもしれないから、覚悟しておかないと。
帰宅して、アニメ等見ながら亜沙美の連絡を待ち、長津田まで迎えに行く。夕食後ちょっと寝て、入浴して就寝。亜沙美は02/04・05とUSJに行くらしい。天気が良いといいけど。

01/26、27:特になし

01/26(土)

亜沙美もカミさんも仕事。まず05:15から15分以上かけて亜沙美を起こし、急かして用意をさせ、06:37長津田発の横浜線に乗りたいという亜沙美を送って行くがぎりぎり間に合わず。次の電車で行くというので長津田駅に降ろして一旦帰り、カミさんを起こして再び長津田へ。
帰宅後は、洗濯をしながらアニメ消化+前夜放送のフォーミュラE第3戦を見る。第2戦に続いて、なかなか面白いレース。ニッサンブエミがトップを走っていたのに、終盤にタイトコーナーでアンダーを出してフェンスに当たり、リタイヤしてしまったのは残念だった。ブエミに限らず、タイトコーナーでだらーっとアウトに孕んでクラッシュするクルマが多かったのだが、あれって何なんだろうな。ここぞというときにスロットルを踏んでもパワーがついてこないとか、そういうことなのだろうか?
昼過ぎにカミさんを迎えに行き、2日分の買い物をして帰宅。午後も特にやることがあるわけでもなく、アニメ消化の続き。亜沙美をこどもの国駅に迎えに行って夕食。


01/27(日)

この日も、亜沙美カミさんとも仕事。亜沙美は前日と違い、十分間に合う時間に家を出発。直後に何気なく「定期持った?」と訊いたら慌てだしたのでクルマを止め、家の鍵を渡す。しばらくして戻ってきたが鞄の中を探しているので何かと思ったら、「ケータイ鳴らして」と。鞄の中にはなかったので二人で家に戻り、自分のスマホから亜沙美のにかけたら、ベッドの上で音がした。何やってんだか。ということで、十分間に合う時間だったはずなのに、かなり焦って運転する羽目に、幸い間に合ったけれど。
前日と同じく、一旦戻ってカミさんを送って行き、家に帰って洗濯しつつ、デイトナ24時間のスタートを録画で見る。マツダ、アキュラ、キャディラックの三つ巴でほとんど差がつかず、面白い展開。個人的にはBOPって好きじゃないんだけど、GT3やGT-LMを見ていても、レースとしての面白さを演出するためには必要なのかも。
デイトナの録画を飛ばしながら観た後は、前夜の録画アニメ視聴。「かぐや様は告らせたい」3話EDのものすごさに絶句。すごい、としか言えない。これ、どうやって作っているんだろうなぁ…
亜沙美が遅くなるというので、カミさんと二人で夕食。亜沙美のことはカミさんが迎えに行くというので、遠慮なくお酒を飲む。亜沙美はそれなりに遅い時間に連絡を寄越し、大船方面から横浜方面に向かい、横浜線で帰って来るという情報だったので、時間を見計らってカミさんが長津田に向かったのだが、その後亜沙美から、寝過ごして蒲田!で折り返すとの連絡。迎えに行っていたカミさんも、一旦帰宅して再度出かけるくらいの遅れになった。なんだかなぁ…

01/25:「バジュランギおじさんと、小さな迷子」@チネチッタ

01/25(金)

定時少し前に会社を出て川崎へ。そのまま真っすぐチネチッタ。すぐに開場になったので、コーラを買って入場。CINE10で「バジュランギおじさんと、小さな迷子」。席はH-10。最終的には30人ぐらい入っていたのかな。CINE10で見るのは「ひるね姫」、「リズと青い鳥」に続いて3回目。大きめの音量で元気の良い音。スクリーンは小さめだが映写はきれい。
さてこの映画、近場だとムービルやMOVIX橋本でもやっているのだが、平日に見に行くのに、チネチッタが丁度よい時間に上映してくれているのでここに来た。最近チネチッタ率が高いので、他の映画館にも行きたいのだけれど。
映画自体は、インド映画の例に漏れず長いのだが、途中でダレることもなく最後まで楽しめた。見る前にポケットティッシュを切らしていることに気づき、号泣して鼻水が出たらどうしようかと心配したけれど、あまり泣けなかったな。良い映画だとは思うけれど。サルマン・カーンとナワーズッディーン・シッディーキーのおじさん二人もとても良かったけれど、やはりシャヒーダー役のハルシャーリー・マルホートラが超絶かわいくて魅力的。2015年の映画だそうだが、ネットの威力を無邪気に、肯定的に描くのは時代の空気かも。「ガッチャマン・クラウズ」の一期を思い出した。あれは2013年だったか。しかしまぁ、こういう小規模公開の映画を、ネットの評判を頼りに鑑賞することが出来、面白ければ大規模な宣伝を行わなくても広まっていくというのは、間違いなくネットのおかげ。
21:00頃終了して、川崎~東神奈川~長津田~こどもの国の経路で23:00ごろ帰宅。乗り継ぎが良くて助かった。

01/23:「カメラを止めるな!」@チネチッタ

01/23(水)

通院のため前半休。病院は09:00からだが、来週末に行う「定点診療拠点開設・運営訓練」の案内を拠点委員の人たちに配布するため、07:50ごろ家を出て徒歩で回る。ここ2年ぐらい、時間があると映画を見に行ってしまうので、歩くのは久しぶり。ということで、意識的に歩幅を大きく取って歩いていたら、かなり良い運動になった。09:10ごろ病院に行き、その後も少し歩いてから帰宅。
午後は仕事に行き、定時で会社を出て川崎。カミさんと川崎駅で待ち合わせ、チネチッタへ。カミさんがもう一回「カメラを止めるな!」が見たいというので、「チネチッタデー」のこの日に行くことにしたのだ。カミさんはこの日休みで、夕方まで二子玉川で用事があるということで、溝口ノクティの駐車場にクルマを駐めて来ている、「EPARK」からの事前予約で、終日駐めても800円である。
CINE9「カメラを止めるな!」18:20、席はG-8と9。CINE9はなんと初めてで、これでチネチッタで残っているのはCINE2だけになった。チネチッタデーということもあってか、思ったより入っていて40~50人ぐらい。G列は少し前すぎで、あと2列ぐらい後ろが良かったように思う。メガネをかけ忘れたせいもあるのかもしれないが、映像は少し甘い印象。音響的には、上下方向の定位が不明瞭だと感じたのと、少しまとまり感に欠ける音だなぁという印象を持った。「カメラを止めるな!」自体は、(5カ月ぶりぐらいだけど)3回目なので、特に新しい発見みたいなものはないけれども、終わって立ち上がったときのスッキリ感というか、「いい映画だなぁ」感は変わらず。そうそう、発見じゃなくて疑問なのだけれど、「生放送」ってことは、カメラの映像をトランスミッタで飛ばして、中継車?で衛星を介して繋いでいるという設定なんだよね、きっと。カメラ小さくね?あんないろんなとこ走り回って、映像乱れないの?とか思ってしまった。本筋とは関係ないけれど…
劇場を出て、遅めの夕食。以前カミさんが、自宅近所にスシローがないので一度行ってみたいと言っていたので、20:30の予約を取ってあったのだが、事前にその話しをしたら、本当は久しぶりに「餃子の王将」に行ってみようと思っていた、と。でも予約したから、で押し切って、ミューザ川崎のスシローへ。早めに着いたのでちょっと待ったけど、20:30過ぎの最初の空きテーブルに通された。安い回転寿司なのでそれなりだけれど、近所のくら寿司よりはだいぶ良いかも。
食べ終わって、川崎駅から南武線に乗ったところで、亜沙美からLINE。田園都市線で帰宅途中だというので溝口で待ち合わせ。合流して、ノクティまで歩いて行くが、店舗が閉店していて駐車場にどうやって入ったら良いのかわからない。しばらくうろうろした後、警備の人に教えてもらい、エレベーターで10Fに上り、まだ営業しているレストランフロアを通って駐車場用エレベーターで駐車場へ。2Fの管理事務所でEPARKからの予約である旨を告げ、駐車券の処理をしてもらって出場。帰りは246経由で、30分ぐらいだった。少しお酒飲んで入浴して就寝。