読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

05/25:ガルパン劇場版@シネマシティast

05/25(木)

ガルパンを4日間限定で上映するというので、チネチッタに「BLAME!」を見に行く23日以外の回を予約したのだが、最終日のみ見に行くことにした。
実は、行くかどうか、最後まで結構迷っていた。一応サラリーマンだし、ガルパン自体はずいぶん行ってるし、確かに1100-LFCが3本になってからは見てないけど、それがどうしたという気もするし。ただまぁ、岩浪さんがツィッターで、行こうかな的なことを書いていたのと、ある予感があったので、予約取れているのに行かないで後悔するくらいなら、と思って行くことにした。シネマシティのガルパンは、16/11/25の連続上映最終日以来、約半年ぶり。16時過ぎに会社を出て、東横線南武線。ちょうど高校の下校時刻なのか、けっこう混んでいて座れず。シネマツーには30分ほど前に到着し、まずは発券。入口扉に貼ってある満席の告知を撮影する人が多く、扉を開けるのも注意が必要。一旦劇場を出てぐるっと歩き、戻ってジンジャーエールを買って、待機列に並ぶ。別に特典があるとかそういうわけではないのだが、なんかガルパンだと並ぶ雰囲気なんだよ。
席はいつものL列。この日はL-11。当然満席。スクリーン横にワゴンを持ち込んで、チェリトスとポテトの場内販売。かつてない量だそうで、「これを完売したら英雄だと言われました」という販売の女の子の声に購入者多数。みんなやさしいなぁ。良く見ると非常口の案内灯が最初から消えてる。注意事項の前口上もなし。もう完全に常連客扱い。
時間になったら、いつものジングルなしに突然暗転しスポットが。お、岩浪さん来たと思ったら、最初に出てきたのが杉山P。続いて岩浪さん。今日はもう一人ゲストがいるので、みんなで「ドゥーチェコール」でお出迎えと言われて場内大拍手。第6形態の名称決めの際、ツィッターのやり取りで、ドゥーチェ役の吉岡麻耶さんが岩浪さんから、シネマシティで前説やったらどうか、と言われていたので期待していたのだが、本当に来てくれた。裏ではいろいろ大変だったみたいだけど。「そろそろ時間だけど、次はBLAME!だから多少伸びてもいいか」とか言いながら、なんだかんだで15分ぐらい話していたのかなぁ。岩浪さんが吉岡さんのセリフに「なんかドゥーチェっぽくないなぁ」と音響監督らしく突っ込んでいたのが笑った。最後は「ドゥーチェ!」x5+「アーヴァンティ」で上映開始。「3分ちょっと…」が終わって茶柱が映るまでの間に「パンツァー・フォー」と言った人がいて、場内に笑いが起こった。
さて、第6形態。今回は、廃校を告げられてから、サンダースが預かっていた戦車を届けてくれたあたりまでと、作戦名を決めるやりとりから、カールの1発目が落ちる前ぐらいまでの記憶がないけれど、「最後の5分間」はちゃんと見られたので問題ない。かなり音圧高めだけれど、以前の上映で気になっていた定在波の影響は相当抑えられていた印象。エンディング曲のバスドラもちゃんと聴こえる。調整カーブで何とかしているのかも知れんが、1100-LFCが3台になったので、ダンピングが良くなったのかも。わからんけど。しかし満席で、しかもあれだけ食べ物販売しているのに、場内物音一つしないのは素晴らしい。さすがにみなさんよく訓練されている。終映時、「おかげさまで場内販売は完売でした」というスタッフの声に拍手。
満足してastを出て、展示物の撮影でごった返すシネマカフェ横を抜けて立川駅。中央線~横浜線で帰宅。珍しく中央線が定時運行だった。朝小雨が降っていたので長傘を持っていたのだが、その後は雨は降らず。帰宅後はF1モナコGPのFP1/FP2を見るが、あぁ走ってるなぁ、バトンもちゃんと走っていてさすがだなぁ、というところだけ見て、シャワーを浴び就寝。

05/23:「BLAME!」@チネチッタLive Zound

05/23(火)

チネチッタデーなのでチネチッタに行く。17:30ごろ会社を出て、珍しく京急京急川崎。駅から歩いて18時頃チネチッタ。発券してポイントカードに押印してもらって、ちょっと表で涼んでからコーラを買い入場。「BLAME!」のLive Zound上映。席はO列15番。ここだと少し見上げる感じになるので、もう1~2列後ろが良いのかもしれない。平日の割には入っていて、150人ぐらいいたんじゃないかなぁ。
岩浪さんが調整した「BLAME!」はこれで5回目だが、過去の作品で印象の良くなかった劇場も含めて、どこもいい感じで鳴っているのがすごいと思う。その中でもLive Zoundはやはり一味違うというか、低音の塊感は別格。他作品では、中高域は少しうるさいと感じることが多かったのだが、今日は気にならなかった。サラウンドもよく働いている。いやぁ堪能しました。あとは、シネマシティのast姉さんを聴きに行かなくては。しかし、やっぱり序盤にづる達が戻った後あたりのシーンは記憶がない。なんだろうこの映画。自分にとって催眠効果のある音が出てるんじゃないか。

05/21その2:「ヘアスプレー」@シネマシティcst、「聲の形 キャスト舞台挨拶付き」@丸の内ピカデリー

一旦建物を出て、ぐるっと歩いてから再度cst。次は「ヘアスプレー」。席はI-8。「BLAME!」と違ってカップル率高い。2007年のミュージカル映画でフィルム上映。上映開始のジングル?で一気に暗転し、予告も「映画泥棒」もなしに本編。真っ暗な中入場してくる人が数名いた。音質的には、帯域はそれほど広くない印象だが音色はきれい。音圧は少々高めで、少しだけ下げても良いかも知れない。内容は文句なしに楽しいというか、それだけではないテーマ性を纏った映画。でも楽しく観ればいいと思うし、自分は楽しかった。エンドロールを見ていたら、コダックじゃなくて富士フイルムのロゴが出てきてびっくりした。
終わって劇場を出たら18:30。丸の内ピカデリーの「聲の形」は20:30からなので、2時間しかない。待ち時間含めて1時間強かかって有楽町駅到着。夕食を摂るところはありそうだが、面倒なのでそのまま劇場へ。有楽町マリオン1Fのチケット売り場で発券し、30分前にエレベーターで9F。既に開場していたので、ビールとプチクリームパンを買って席に着く。2階席のU-18、2列目センターである。
ここに来たのは初めて。1、2階合わせて500席強の劇場である。入りは、満席ではないがそれに近い状態。そのせいか場内が暑い。空調の空気流が断続的で、流れているときは良いが、止まると汗が出てくる。上映中も扇子を使ってしまった。
定刻20:30より、まずブルーレイ特典映像が2種類流れ、その後でキャスト3名(早見沙織、金子有希、石川由依)が登壇。15分ぐらいかと思ったら30分も話してくれた。その後で本編上映。音量やや低めに感じたが、終盤の花火は迫力あった。2階はサラウンドスピーカーが近いせいか、細かい環境音が聞き取りやすくいい感じ。セリフもはっきりと聞こえた。総じて好印象だが、とにかく暑い。ビールのせいもあり、途中で朦朧としてしまった。前日とこの日で6本観たが、最初から最後まで覚醒していたのは「ヘアスプレー」だけだった気がする。火曜日のチネチッタLive Zound、水曜か木曜のシネマシティastでは頑張ろう。
23:20ごろ上映終了。階段で降りられるのかと思ったが見つけられず、結局エレベーターで降りる。さて、どうやって家の近くまで行けばいいんだろう。Googleマップで検索し銀座駅から丸ノ内線。どっちに向かっても帰れるみたいだが、大手町に向かって半蔵門線に乗り換え、そのまま長津田へ。日付変わって0:29着。亜沙美が11:45頃@長津田だったので、カミさんは亜沙美を迎えに来て一旦帰り、亜沙美を置いてもう一度来てくれた。帰宅して1時近く。少しご飯食べて、シャワー浴びて就寝。アニメも、スーパーGTオートポリス戦の決勝も見られなかったなぁ…

05/21その1:「BLAME!」×2@AC港北NT、シネマシティcst

05/21(日)

亜沙美は5時に長津田駅発の電車に乗ってTDLに行くというので、4時前に起こして長津田駅まで送り、再度ベッドへ。6時過ぎに再度起床し7:30に家を出て、仕事のカミさんを長津田に送って行き、そのまま港北NTのノースポート・モール駐車場へ。早すぎるので遠回りしたりしたのだが、それでもやっぱり早すぎ、駐車場で10分ほど待つことになった。8:30にオープン。「BLAME!」3回目。この日はゴールドクラスなので、発券してコーラを受け取ったらすぐに入場して、しばしラウンジでロビーを眺める。ポイントカードは前日の幕張新都心で一杯になったので、新たなカードを200円で購入して押印してもらう。前回のは1か月で一杯になったけど、今度はどうだろう?
8:50スタート。2Fの入りは10人未満。席は2列目センター。このULTIRAスクリーンは、「君の名は。」や「ガルパン」を見に来たことがあるのだが、正直言って今までの印象はあまり良くない。センター強すぎ音量大きすぎ。反面低域が痩せていてヒステリックな音、というのが自分の評価。岩浪さんの調整でどう変わるのかが楽しみ。
「BLAME!」では「爆音Mix」を使うということだったのだが、その影響は他の映画の予告編に如実に表れていて、ちょっとひどいことに(笑)。肝心の本編はというと、これが港北NTのULTIRAだとは信じられないくらいの素晴らしいバランスに仕上がっていた。いつも気になる歪っぽさも全く気にならない。幕張新都心もそうなんだけど、調整によって帯域バランスが整うのはわかるんだけど、高域の歪感が改善されるのはどういう理屈なんだろう?昔長岡鉄男が、低域を鳴らすと鼓膜が常に振動するので、高周波の微小振動に反応しやすくなり、高域が改善されるのではないか、と書いていたように記憶しているのだが、そういうことなんだろうか??
欠点としては、今回は7.1chということで、サラウンドが左右2chづつに分かれているのだが、2階席で見ていると左右のリアチャンネルが他と遊離して聴こえてしまう。スピーカーの配置的に仕方ないのだろう。それ以外は、画質音質とも素晴らしい上映だったと思う。このクオリティを他の作品でも維持してくれれば、自分としては会社帰りに寄りやすいので嬉しい。しかし「BLAME!」は昨日から3回目だが、やっぱり中盤で眠くなってしまうのはどうしてだろう…
港北NTを後にし、一旦帰宅。昼ご飯を食べて、クルマで長津田駅近くの駐車場へ、クルマはカミさんが回収してくれる手筈になっている。横浜線で八王子に向かうが、そこから直接立川駅に向かうと早すぎるので、八高線で拝島に向かい、そこから青梅線で立川へ。2Fで慎重に発券し、4Fのcstへ。「BLAME!」4回目。ちなみに入場特典の1/35フィギュアは配られなかった。席はI-9。入りは8~9割かな。
cstの「BLAME!」は「爆音Mix」ではないのだが、十分に爆音、というか、bstより爆音っぽい上映。1100LFCの立ち上がりの速さもあり、音圧高めで密度感のある音。フロントからの情報量が多いため、サラウンドにあまり意識が行かない感じ。とても良い音なんだけど、なんというか、cstちゃんにはもうちょっと上品でいてほしいというか、小悪魔すぎというか。ちなみに、やっぱり中盤で眠くなった。終盤には覚醒するんだけど。

05/20:「BLAME!」×2@シネマシティbst、AC幕張新都心

05/20(土)

朝7時半ごろ家を出て、こどもの国線横浜線~中央線で、8:30頃立川着。すこし歩き回ってからシネマツー。2Fに上がって発券し、3Fで少し待機した後、ジンジャエールを買ってbstへ。「BLAME!」公開初日である。予約に出遅れたので、席はJ-15とセンターを外してしまった。席に着いて開始を待っていると、スタッフと思しき女性が私の名前を呼ぶ。何かと思ったら、水曜日分の「BLAME!」のチケットが発券機に残っていたとのこと。チェックを外し忘れ、本日分と一緒に発券してしまって取り忘れたらしい。どなたかわかりませんが、届けてくださった方ありがとうございます。
スピーカー換装後のbstは、「キングコング 髑髏島の巨神」「SAO オーディナル・スケース」に続いて3回目かな。bstの特徴はフロントの画面奥側に広がる音像と、低く沈み込むような重低音だと思う。棘の少ない滑らかな音で、とても好きなのだけれど、本作とのマッチングはいまいちかもしれない。まだここでしか見ていないので保留。
「BLAME!」という作品については、作画は素晴らしくよくできていると思う。原作を読んでいないので判りにくいところもあったが、別に睡眠不足だったわけでもないのに、最初と最後以外のシーンの記憶が所々途切れているのが不思議。終映後の拍手はなかった。何というか、エンドロールの作りが拍手しづらい雰囲気を醸し出しているような気がする。
終了後、シネマシティ裏側の「バーミヤン」で昼食+ビールを摂取し、立川駅から中央線。御茶ノ水で総武線に乗り換え、幕張本郷駅下車。そこからバスでイオンモール幕張新都心へ。この行き方は初めてだけれど、自宅や会社からだと京葉線経由の方が早いから、今日みたいにシネマシティからの移動でしか使わないかも。
とりあえずイオンシネマに行って発券し、チケットカウンターでポイントカードに押印してもらう。入場時に押してもらうのが普通だけれど、劇場によって二つハンコを押したり、作品名を書き入れたりして時間がかかることがあるので、入場者の多い作品では事前に押してもらったほうが良い。物品販売のカウンターには列が出来ている、岩浪音響監督サイン入りパンフの販売列(正確には、引換券の販売?)。自分はパンフを買う習慣がないのでパス。
少し時間があるので店内を巡回。何度か来ているけれど、グランモール以外の建物には行ったことがないなぁ。今度来たときに行ってみよう。
時間になったので入場。席は通路前のH-16。個人的にはJかKが好みだけれど、今回はATMOSなので、音像の移動が感じやすいのではないかと思い前寄りにしてみた。開始時間。岩浪音響監督と支配人がふらっと現れてトーク開始。岩浪さん、概ねいつもの調子だったが、ATMOSで作りたかったという想いのようなものと共に、この作品をATMOSで上映してくれたAC幕張新都心への感謝がこもったトークのように思えた。「今日、立川から来た人」の問いかけに自分も挙手したのだが、自分の両側の人も同様に挙手していた。「この後、立川に戻る人」の問いかけには、自分は手を下したが、両側の人は挙げたままだった。
さてATMOS、上下左右前後に移動する音像がはっきりくっきり。ちょっとわざとらしいんじゃないのと思うくらいによく動く。「幼女戦記」あたりと同様、音質も大変宜しい。大スクリーンで画質も良好。東日本でこの映画を見るなら一度はここに来ないと、という気分にさせる上映だった。最初から最後まで興奮しっぱなし、と言いたいところだが、bstに続いてこの回も、所々記憶が曖昧。うーん、自分の体調のせいなのか、そういう映画なのか…
終映後、岩浪監督のパンフお渡し会でごった返すロビーを抜け、エレベーターで1Fに行き、海浜幕張駅行のバスを待つ。この日は1Fのイベントスペースでも何かやってたし、向かいの公園にはスクリーンタープが林立していたし、いろいろイベント盛りだくさんだったようで、こんなに混んでいるのは初めてだった。海浜幕張駅から京葉線有楽町線半蔵門線田園都市線こどもの国線と乗り継いで19:30ごろ帰宅。ちょっと疲れた。
夕食後は、録画しておいたスーパーGTオートポリス戦予選を見る。NSXがPPかぁ。レースが楽しみ。生中継をリアタイ視聴は出来ないけれど。

05/19:「夜明け告げるルーのうた」@イオンシネマ港北NT

05/19(金)

会社を15時過ぎに出て、高島町駅まで歩いてブルーラインでセンター北。イオンシネマ港北NTに行き発券して、しばらくうろうろして時間を待ち、コーラを買って入場。16:40から、5番スクリーンで「夜明け告げるルーのうた」。席はJ-10で、ここかもうひとつ後ろがベストだと思う。177席のスクリーンだが、当日昼に確認した時点で、予約しているのは自分だけだった。さすがに一人っていうことはないでしょ、と思いつつ予告を見ていたのだが、本編が始まっても他に誰も来ない。公開初日で、学校が終わってからの時間帯なんだけどなぁ。音響的には、この映画館の他のスクリーンと同じく、少し音量が大きめなのが気になる感じ。
んで映画自体は、う~ん、プロットは悪くないというか、見終わってからよく考えると興味深い内容なのだけれど、見ている最中はあまりわくわくしなかったなぁ。多分2回は見ない。同じ監督の作品なら「夜は短し歩けよ乙女」のほうが好き。終了後、グリーンライン横浜線こどもの国線で帰宅。

週末の予定

5/19(金):

夜明け告げるルーのうた」@イオンシネマ港北NT 16:40~


5/20(土):

「BLAME!」@シネマシティbst 09:20~、
「BLAME!」@イオンシネマ幕張新都心 14:50~


5/21(日):

「BLAME!」@イオンシネマ港北NT 08:50~、
「BLAME!」@シネマシティcst 14:10~、
「ヘアスプレー」@シネマシティcst 16:30~、
映画 聲の形」@丸ピカ 20:30~

「BLAME!」は、来週中にあと2回(チネチッタLIVE ZOUNDとシネマシティast)行くつもり…