10/15:「ドリーム」/「Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower」@シネマシティ

10/15(日)

朝から雨。カミさんは仕事で、亜沙美は教習所~バイト。カミさんを送って行き、一旦帰宅して亜沙美に声をかけ、クルマで立川へ。いつものように、ららぽーと立川立飛の駐車場に入れ、立飛駅から立川北駅までモノレール。9:25ごろシネマツー到着。本日は9:30からということで、エスカレーター下でしばらく待ってロビーに上がり、発券して3Fへ。3Fの椅子が新しくなってる。一番窓側の椅子に座って、しばし休憩。9:40過ぎに2Fに降り、ジンジャエールを買ってエスカレーターに乗り、4Fへ。「ドリーム」@cst。席はI-8。劇場内の椅子も新品。まだ座面が馴染んでいないのか、中央部が盛り上がっているように感じ、「すわりが悪い」印象だが、そのうち沈んでくるのだろう。残念ながらカップホルダーの位置は従来のまま。場内概ね5、6割の入りといったところかな。比較的年齢層の高いご夫婦という感じの人が多い。
「ドリーム」は、NASAの宇宙計画に携わった黒人の女性を題材にした映画で、史実に基いてはいるが忠実というわけではなく、大雑把に言えば50年代の差別的な出来事を、60年代初頭に移しかえたような作りになっているようだ。例えば有色人種用設備は、1958年にNACAからNASAへの改組で撤廃された、とWikipediaには書いてある。NASAは人種問題に関しても、それなりに先進的な取り組みをしていたのだな、と思えるが、実際に働いていた人たちの心情がどうだったのかは別の話。映画としてはとても良く出来ている。cstの音響もとても良かったけれど、60~100Hzぐらいかなぁ、「重低音」よりちょっと上ぐらいの領域をもうちょっと抑えたほうが好み。

次のFateまで1時間強あるので、裏の「バーミヤン」に行って昼食。強めの雨が降り続いているせいか、昼時だというのに店内ガラガラ。30分ほどで昼食を済ませ、オリオン書房に寄って「ユーフォ」の新刊を買う。辻堂に「ダンケルク」を見に行ったときに買った前編もまだ読み終わっていないのだけれど…

さて、「Fate」。初日だけでなく、この日もほぼ満席のようで、上映前のロビーはかなりの混雑。開場前に階段に並んで待つが、ガルパン等と違って列形成の統率がとれていない。まぁガルパンが異常なんだけど。席はK-12。cstの後だと、astの椅子は後傾しているように感じる。場内は20~30代の男性が圧倒的多数かな。上映開始してから入ってくる人が比較的多くて気になった。あと、前列の人の頭が画面に被る。まぁastなんで仕方ないけど。
Fate」は、自分はゲームはやってなくて、アニメはディーン版、UFO版はいちおう全部見ている。あとプリヤは見ていてApocryphaは見てないけど、あんまり関係ないか。今回の映画は三部作の一作目ということだが、なかなか難解な構成になっているように思われ、Fateシリーズをある程度理解している人向けという印象。昼食直後で前半眠くて、いくつかのシーンを見逃した気がするし、あと何回かは見ないといけない。音はまぁ、いつもの極爆だけれど、SWを3発にしてからは定在波の影響が減少して、ED曲のズンドコ感もそれほど気にならなかった。劇伴の楽器や何気ないセリフの自然さは、やはりこのastならではという気がするので、ユーフォ届けたいメロディの極音上映はぜひ実現していただいて、チネチッタLiveZoundと比較してみたいと思った。やってくれるんですよね??

映画が終わって15時過ぎ。立川北駅からモノレールに乗りららぽーとへ。カミさんからLINEで買い物の依頼が来たので、1Fのスーパーに行き買い物して、クルマに乗って帰宅。三井のカードがあるので駐車場は無料だが、最初に金額が3150円とか出るので毎回ビビる。例によってGoogleマップナビでちょこまかした裏道を行くが、後ろからずーっとついてくるクルマがいるのに笑った。きっと同じようにナビをみながら走っていたのだろう。雨で混雑しているにもかかわらず、行きとそれほど変わらない時間で帰宅。この日は富士のWEC、もてぎのMOTOGP、中国でWTCCとレースが開催されているが、どこも雨が降っている。特にWECは霧が出て2回中断、WTCCは2レース目が4周で打ち切りということで、録画はしてあるが見ても仕方ないレースだったみたい。
この日はカミさんのお父さんが退院する日だったのだが、帰宅したらカミさんが、お父さんが退院直後に救急車で病院に搬送されたという。やっぱり体調が悪いということで、自分で救急車を呼んだらしい。お兄さんからの情報によると、特に悪いところはないということだが、念のため一晩だけ病院に入院することになったとか。イマイチ情報が伝わってこないので心配。そんなに大ごとではないように思えるけれど。

10/14:「劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」舞台挨拶付き@チネチッタ

10/14(土)

雨。カミさんはお父さんの病院へ。亜沙美はイベント参加。自分は11時過ぎに家を出て、こどもの国線横浜線京浜東北線で川崎。地下を歩いてチネチッタへ。この日は「Fate/stay night [Heaven’s Feel] I.presage flower」の公開日ということもあり、劇場が全体的に混んでいる印象。少しだけ待って、コーラ買って入場。3週目特典は「あすくみ」だった。席はN-15。完売だが、他の舞台挨拶を見てから来る人がいて、前の方の途中入場が多かった。
チネチッタCINE8は、この週の平日にスクリーンを張替え、ランプも高輝度のものに交換したということで、非常に美しい映像。音は、最初の「プロヴァンスの風」あたりでは低音のダブつきが気になったが、「宝島」や「三日月の舞」ではそうでもなかった。6回目の鑑賞だけれど、未だに泣ける。4週目/5週目特典もあるようだし、もう何回かは劇場で見ることになる、のかな。
上映終了後、黒沢ともよ寿美菜子登場。黒沢ともよって、亜沙美と同い年なんだな。まぁそれくらい、というのは知ってたけど。二人の掛け合いはなかなか楽しかった。劇場に向かうときはほぼ上がっていた雨だが、舞台挨拶が終わって表に出てみたらそれなりに降っている。傘をさして駅に向かい、行きと反対、京浜東北線横浜線こどもの国線で帰宅。家に買ってしばらくしたら、カミさん帰宅。お父さんは日曜に退院とのこと。亜沙美は夕食後に連絡があったので、駅までお迎え。WEC富士戦とか、モトGPもてぎ戦とかの予選があったのだが、ぜんぜん見てないや…

10/10:サッカーキリンカップ 日本代表対ハイチ戦観戦

10/10(火)

会社を定時過ぎに出て、横浜線で新横浜へ。チケットが売れ残っていると言われているが、菊名からたくさんの人が乗ってきて、それなりに気分が盛り上がる。新横浜で降りてスタジアムまで徒歩。10月だというのに蒸し暑く、歩いていると汗が流れる。18時半ちょっと前にたどり着き、席へ。カミさんと亜沙美はクルマで、新横浜駅近くのコインパーキングに駐車し、お弁当を買って先に会場入りしていた。席はバックスタンドの25列目ぐらい。丁度良い感じの席で、チケット発売開始後しばらくしてここが買えるんだから、やっぱり売れてないんだな。自分たちの周りとゴール裏は入っているが、2階などはがらがら。
試合は、序盤こそ2連続得点でリードしたものの、配置がペースをつかんでからは3失点で逆転され、攻撃陣をレギュラー組に入替えて、ロスタイムにようやく得点して引き分け。個人的には大ブーイングの試合だったが、お客さんはみんな拍手しちゃうんだよな…。ああいう試合はちゃんと不満を表明しないといけないと思うんだけど。
後ろの席で、ハイチ人?と思しき二人組が観戦していて、「俺たち二人だけかよ!」とか言いながら観戦しているのが面白かった。後半からいなくなっちゃったので、ハイチ3点目の芸術的なシュートに対する反応が見られなくて残念。
終了後駐車場まで歩き、自分が運転して帰宅。あまり爽快感のない試合で、余計に疲れた…。

10/08、10/09

10/08(日)

朝、カミさんを送って行き、午前中は洗濯した後RAW画像を弄って過ごす。去年ぐらいから現像していない画像(というかイベント)があるので、少しづつでもやらなきゃ。亜沙美は何も予定がないということで、昼近くまで寝ていた。昼過ぎにカミさんを迎えに行き、帰宅した後はF1日本GPスーパーGTタイ戦の連続視聴。F1は、2コーナーでバンドーンが押し出され、ベッテルのエンジンが不調になった時点で興味の大半が失われたが、フェルスタッペンがあきらめなかったおかげで、最後まで見続けることが出来た。レース後のインタビュー、ハミルトンが佐藤琢磨のリングに興味津々だったのが笑った。しかしフェラーリベッテルの「やらかし」とマシンの信頼性欠如はどうにかならないものか。彼らが自滅するのは仕方ないが、レースがつまらなくなるのは困る。スーパーGTは、決勝直前に大雨が降り、スタート前に止んで乾いていく、という面白いシチュエーション。何台かがドライタイヤでスタートするというギャンブルに出たが失敗。特にニスモがどうしてギャンブルに出たのかが疑問。逆にレインタイヤでスタートし、周回義務ぎりぎりまで我慢してワンストップ、という作戦で、比較的良い順位を得たチームがあったのが興味深かった。GT300の初音ミク号もその1台で、交換後のレインタイヤ、溝がほぼ消滅していたが、それでもトラブルなく走り切ったのだから大したもの。これでポイント首位。次のもてぎが最終戦だが、どうなりますか。


10/09(月)

体育の日。カミさんのお父さんが入院してしまったので、様子を見に三人で行く。藤が丘のパン屋さんに寄った後東名に入ったが、大橋JCTで事故渋滞というので用賀で降り、環八から甲州街道に入って首都高へ。時間に余裕があったので、久しぶりに都心環状線回りで5号線。2時間かからずに浦和へ。お母さんをクルマに乗せ、昼食を摂った後病院へ。お父さんはCCUに入っていたが、しばらく話をすることが出来た。翌日に手術ということだけれど、大した手術じゃないので大丈夫でしょう。お母さんは足が弱っているので、お父さんは自分のことよりお母さんのことを心配していた。
1時間強病院にいた後、喫茶店でお茶を飲んでから浦和のカミさん実家へ。しばらく話した後、17時過ぎに出発。オーソドックスに5号線~中央環状線~3号線~東名。大橋JCTで渋滞したが動かなくなるほどではなく、そこそこ順調。ガソリンを入れた後、「とんでん」で夕食を摂って帰宅。

10/07:「劇場版響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」@チネチッタ/「RWBY VOLUME4」@109シネマズ川崎

10/07(土)

この日から三連休。朝のうちは雨が残る天候。カミさんは休みで、亜沙美は昼から教習所。
朝7時半過ぎに家を出て、折りたたみの傘をさし歩いてこどもの国駅へ。こどもの国線横浜線京浜東北線で、9時少し前に川崎駅。地下街を歩いてチネチッタへ。「劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」2週目。ジンジャエールを買って入場。入場特典のコースターは希美×みぞれ。席はN-15。150~200人ぐらいは入っていたのかなぁ。
中5日空けての5回目の鑑賞。Live Zoundでは3回目。相変わらず良い音だが、この日は少し低域がだぶつき、ダイナミックレンジが狭いように思えた。自分のコンディションの違いが大きいと思うが。映画自体は5回目にも関わらず、特に「宝島」から終盤にかけてけっこう泣けた。声優さんの演技にも慣れてきて、TV版より良いと思えるシーンが増えてきた感じ。次に来るのは、14日(土)の黒沢ともよ/寿美菜子の舞台挨拶回。それまでに、CINE8はスクリーン張替えとランプ交換があるそうで、どう改善されるのかとても楽しみ。

劇場を出て、地下街で「青葉」の中華そばを食したあと、駅の中央通路を抜けて反対側に行き、エスカレーターを上がって109シネマズ川崎へ。この映画館に来たのは初めて。見に来たのは、「RWBY Vol4」2週間限定上映の初日。シアター2という、130席の小さめなハコではあるが満席。入場時に、4枚組のキャラブロマイド?が配られた。なかなか豪華な特典。客層は、20~30代の男性が圧倒的に多い。席はH-11で、2列あるエグゼクティブシートのすぐ後ろ中央だが、概ねベストの席なのではないか。予告を見る限り、音響は悪くないと思った。
RWBYという作品は、TVでダイジェスト版が放映されたのを見ただけで、おまけに最後の2話を見な状態で映画館に来て、更にお昼の後で少し眠くなってしまったので、正直よくわからず。帰宅して未見の2話を見て、なるほどそういうことか、というところがあった。中盤から終盤はいい感じに盛り上がってきて、さあ、というところで終了。これって、続きはBD/DVDでってこと?まぁ、アクションシーンの動きは良いし、早見沙織を初め声優陣の吹替え??も良かったので、まぁ満足といえば満足。

劇場を出て川崎駅に向かい、F-1日本GPの予選をDAZNで時々見ながら、東海道線横浜線こどもの国線で帰宅。亜沙美を教習所まで迎えに行った後、日本GPとスーパーGTタイ戦の予選を見る。タイは天候が不順で、途中で雨が降ったりして面白い予選だった。決勝が楽しみ。

10/01:「スクランブル」@TOHOシネマズ川崎/「劇場版響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」@チネチッタ

10/01(日)

カミさんは仕事で、亜沙美はお出かけ。カミさんを送って行った後、9時過ぎから防災拠点の会合、というか、医師や薬剤師さんに来ていただいて、災害時診療拠点の開設手順の確認。様々なご指摘を戴き有難い。マニュアル直さなくちゃ。
お昼前に終わって帰宅。亜沙美は既に出かけていた。しばらく写真を現像したりしてカミさんからのLINEを待つ。LINEが来たのでお迎え+買い物。帰宅して昼食。
15時過ぎに、カミさんにこどもの国駅まで送ってもらい、こどもの国線横浜線京浜東北線で川崎駅16:15着。この日はF1マレーシアGP決勝があるのだが、仕方ないのでスマホからDAZNのストリーミングを時々見ながらの移動。まずはチネチッタに行って、発券とポイントカード押印を済ませてから、TOHOシネマズ川崎へ。初めて行くのでちょっと戸惑いつつ、エレベーターでロビー階に行き発券し、コーラを買って待つ。「スクランブル」の上映が17時からなのだが、10分前になってもアナウンスがない。なんでだろ、と思ったら、「スクランブル」は上階の劇場での上映だったんだな。エスカレーターで上階に行き、無事Scr5に入場。500席超の大きな劇場。席はM-18で、ほぼベストポジションではないかと思う。シートはあまり良くないというか、左右方向の余裕がない印象。音響的には、予告から音量マシマシ。フロントはスクリーンサイズよりも左右に広がって聴こえ、低音は低く地を這いながら押し寄せてくるような感じ。歪が少ないかというとそうでもないけれど、とにかく迫力で押し切る音。本当はシネマシティで見るつもりで、cstでやっているうちに行きたかったのだが、ここの音響も悪くない。内容的にとやかく言う映画ではない気がするが、最後に次のターゲットとして上った車名、咄嗟には思い当たるクルマが出てこなかったんだけど、何なんだろう??

終わった後、チネチッタに移動。移動時間が30分しかないので心配だったが、特に問題なくスムーズに移動できた。ビールの誘惑に負けず、コーラを買って入場。前日に引き続きCINE8のLive Zound。今日の席は、思い切って前の方、I-14。かなりスクリーンを見上げる位置になる。楽な姿勢を取ると、直前の席のヘッドレストがわずかに画面に被るのが気になるかも。今回の劇場版を観る前に予約したので、一期総集編「北宇治高校吹奏楽部へようこそ」の印象から、低域が落ち着くかな、と思って前の方を取ったのだが、低域に関しては、前日のO列とそんなに違わないと思った。それより大きく異なるのが高域で、前日と比べてかなりおとなしくなった。これだったら、前日のO列の方がずっと良かったと思う。前日の新ピカやMOVIX橋本で、サラウンドに違和感を覚えたので注意して聴いていたのだが、相対的に音量大き目ということ以外、特に違和感を覚えるような聴こえ方をするところはなかった。ビールを我慢したおかげで、最後まで眠くならず。前日の3回目では涙が出なかったのだが、この回は特に最後の方でかなり泣けた。
CVを(全面的にかどうかは知らないが)再録音しており、TV版と同じシーン・同じセリフでもかなり印象が変わっている。特に良かったのは最後のシーンの久美子。TV版では、回想して話しているような演技だったのが、映画ではその場で感じたままの演技になっているのは良かったし、あぁ、まだ新作が続くんだ、という気持ちになった。まぁ、TV版の演技の方が好きなシーンもあるのだけれど。

終了後劇場を出て、地下街回りで川崎駅。京浜東北線横浜線こどもの国線と乗り継ぎ、カミさんに駅まで来てもらって帰宅。遅い夕食を摂った後、亜沙美から連絡があったので長津田まで迎えに行ったら、居眠りしていて乗り過ごしたらしく、中央林間までの往復分、長津田で待たされそうになった。少しでも待ち時間を少なくしたかったので、つくし野に移動して捕捉し帰宅。まぁ実際には長津田で待っていても帰宅時間は変わらなかったと思うが。もともと帰宅が遅かったのに加え、この出来事で時間を浪費し、F1マレーシアGP(の見逃し配信)を見ることは叶わず。

09/30:「劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」@チネチッタ/新宿ピカデリー/MOVIX橋本

09/30(土)

カミさんは休みだがお出かけで、亜沙美はバイト~教習所。二人が出掛けたあと、7時40分ぐらいに家を出て、こどもの国線横浜線京浜東北線で川崎へ。チネチッタに行き発券して、外のベンチに座ってしばらく考える。予定ではこのあと、新ピカでユーフォ~シネマシティでドリームだったのだが、MOVIX橋本のユーフォ、Scr9がこの日だけなので、シネマシティのドリームをキャンセルし、橋本の最終回を予約。この翌日のチネチッタも予約済みだし、まだ1回も見ていない映画に、そんなに賭けて良いのか、って感じだけど。
チネチッタLive Zound。入りは6~7割ぐらいかなぁ。席はO-15。「ようこそ」のLive Zoundではこの1列後ろだったが、低域、といってもそんなに低くないところにひとつ大きなピークを作る調整で、いまいち馴染めなかった。今回も同じような調整なのかな、と思っていたのだが、始まってみたら全然違った。重低音のもやっとした感じは少しだけ残っているが、それ以外はほぼパーフェクトだと感じた。映画自体はTV版の総集編にとどまらず大胆な構成変更が行われており、大量の新規カットやキャストの新録音等、全くの別物と言って良い内容になっていてびっくり。「プロヴァンスの風」、「宝島」、「三日月の舞」の3曲がフルバージョンで描かれるのも嬉しい。「三日月の舞」の麗奈ソロ、突き刺さるような主張が感じられない、間接音主体の音になっているように感じられ、なるほど、麗奈が演奏終了後に取った行動はこのせいか、と深く納得した。しかし良い音と、映像とのシンクロ。開始数分、「Sound!Euphonium」のロゴとともに「プロヴァンスの風」の演奏が流れてきた瞬間に「ぶわっ」と涙が出てきて、他のお客さんの手前声を出さないように努力したが、誰もいなかったらきっと号泣していた。この後も、何度か涙があふれる場面があり、個人的には今年最も泣いた映画の一つじゃないかと思う。エンディング後、唐突に「リズと青い鳥」の予告が入ってびっくりしたが、これが「のぞみぞ」のことなんだな。この予告のおかげで拍手の間合いがつかめず。

劇場を出て地下に降り、早めの昼食。親子丼+ビール。次の新宿ピカデリーは14:20からで、だいぶ時間に余裕がある。ということで、京急に乗って品川まで行き、上野東京ラインで上野~山手線で新宿という遠回りルートを選択。それでも少し余裕があるので、新宿駅南口から降りて少し歩いてから新宿ピカデリーへ。
初めての新宿ピカデリー。ロビーのレイアウトが良くないという話は聞いていたが、う~ん、確かにこれは良くない。入場してから劇場までのエスカレーターも狭くて味気ない。もうちょっと何とかならなかったのかなぁ、という感じ。劇場前のスペースもちょっと狭い。でもまぁ、スクリーン1に入場してしまえば、中はきれい。ラインアレイのサラウンドスピーカーを持つ劇場である。席はO-17で、センターから1~2席左。O列は2階席が被らないぎりぎりのところだが、もう2~3列前のほうが良さそうな気がする。入りは7~8割くらいかなぁ。
音響だが、音量大き目で低音も出ており、バランスは良いと思う、ただ高域がちょっと細いというか、キャラクターを感じる音で、トランペットが(大げさに言うと)ミュートを付けたような音に聴こえた。あとはサラウンドから、センターで喋っている人の声が、センターとは別に小さく聴こえてくるような、不思議な鳴り方をしているのが気になった。…と思っていたのだが、ひょっとしたらセンターの音が何か…例えば2階席の前縁部分に反射して聴こえていたのかもしれない。センターからのセリフ自体はとても自然に聴こえて良いんだけれど。昼食後で、しかもビールを飲んだりしたもので、駅ビルコンサートのあたりの記憶がないのが残念だが、「三日月の舞」では涙が出た。劇場から出るときに、壁に「リズと青い鳥」のポスターが貼られているのに気付いた。これ、朝イチの回の上映中に貼ったのかな、と思ってツイッターを検索したら、やっぱりそうだったみたい。

新ピカを出て16:30ちょっと前。次のMOVIX橋本は20:30からなので4時間!もある。ぶらぶら歩いて西口に行き、京王デパートの8Fで早めの夕食。「さぼてん」に入って、とんかつとカキフライとビール。1時間以上かけてゆっくり食べたが、それでもまだだいぶ早い。でもまあ、一人で新宿にいても仕方ないので、京王線の橋本行きに乗り、座って目を閉じる。出来るだけ寝たかったがあまり寝られず。橋本では、まずMOVIXに行って発券し、駅近くまで戻って、本屋さんと喫茶店で時間をつぶして、20時ごろMOVIX橋本再訪。1.5往復したことになるが、駅から歩くと結構遠い。特に京王線の駅からはすごく遠い。コンセッション奥のベンチに座って待ち、案内と同時に入場。Scr9。中規模の箱で、TAD製のスピーカーが特徴。席はH-12で、センターからは1~2席左寄り。レイトショーなので入りは3割ぐらいかな。ぱっと見のイメージよりは座席の段差が少ないらしく、前の人の頭が画面下部に被る。音は、チネチッタLive Zound~新ピカScr1と来た後だったから、というのもあるかもしれないが、全般的に音圧低目に感じる。フロントからの音はきれいで、特に金管の響きはこの日一番だった印象。サラウンドで気になったのは、センターで誰かがしゃべると、サラウンドから何とも言い難い付帯音?が聴こえること。新ピカとは違ってセリフそのものではなく、残響音でもない音。あれは何だろうなぁ…。同じ映画を同じ日に3回見るのは初めてだけれど、さすがに感覚が鈍磨するのか、この回は泣けなかった。終了と同時に劇場を出て、橋本駅まで早足で歩くが、横浜線は問題ないものの、こどもの国線の終電が終わっていることが判明。土・日は23:04長津田発が最終で、これはいくらなんでも早すぎると思うのだが仕方ない。カミさんにLINEで連絡して長津田まで迎えに来てもらい、帰宅。ちょっと疲れた。