読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

05/31、06/01

05/31(土)
快晴猛暑。この週末は、横浜の海沿いでいろいろとイベントがあるので、日焼け止めを塗りたくって、10時ごろカメラを担いで電車に乗り、日本大通り駅へ。
まずは赤レンガ倉庫を経由して新港埠頭に行き、自衛隊護衛艦「やまゆき」の一般公開へ。76mm速射砲とアスロックのランチャーがぐりぐり動くのを間近に見学。その後山下公園に移動し、「セントラルタウンフェスティバル」の会場をしばらくうろうろした後、ステージイベントを撮影。14時半過ぎにダンス系の出演者が終わったところで馬車道に移動して、撮影場所を確保して待つこと1時間余り。ようやくやって来た「RALLY TOKYO YOKOHAMA 2014」の参加車両が通過するのを撮影。カメラ持って一方向を眺めている人が多いので、たくさんの人から「何があるんですか?」と訊かれた。オフィシャル?がチェックポイントの幟を片付け始めたところで撤収。一旦海沿いに出てから桜木町まで歩いて、電車に乗って帰宅、と。馬車道では立っていた場所が日陰だったので涼しかったが、山下公園はめちゃめちゃ暑かった。
録画しておいたスーパーGTオートポリス戦の予選を見つつ、画像ファイルをPCに移動。そうそう、この週末を前に、トランセンドの「600倍速」32GBのSDHCカードを買ったので、容量が不足することはないのだが、USB2.0経由なのでPCへの転送が遅いのがまどろっこしい。USB3.0のカードリーダーを手に入れようかと思うのだが、今使っているM/BにはUSB3.0のI/Fがないので、まずそこから考えなければならず躊躇しているところ。


06/01(日)
8時ごろ出発。前日以上の猛暑。この日は、最初に港の見える丘公園に行ったが、前の交差点を前日のラリーに参加した車が通過するので、まずそれを撮影。次にバラを撮ろうとしたら、α6000にトラブル。AF-Cが効かない。設定画面でもグレーアウト。電源OFF-ONやらバッテリー抜いて再挿入やら試したがダメで、設定のリセットを実行したらようやく直った。やれやれ、と思って撮影を続けたのだが、当然設定がリセットされており、後で気づくまでの写真は、RAWではなくてJPEG-FINEでの撮影になってしまった…。バラはもう盛りを過ぎていてパッとせず。日光に透けた新緑を探しながら山下公園に向かう。山下公園内でドラゴンボートレースなど見つつぶらぶらし、11時から前日と同じくステージイベント撮影。α6000は相変わらず不調で、連写Loで延々撮り続けるような使い方だと、度々ハングアップしてしまう。熱暴走っぽい感じ。前日は問題なかったのだが、この日の方がボディに直射日光が当たる環境だったかも。あと、カード読み書きのエラーも何回か出たな。同じような環境・使い方でも、E-M5は全然平気なのになぁ。信頼性という点では、α6000はE-M5にもNEX-5Nにも劣る印象。
13時前に元町・中華街駅から電車に乗って帰宅。家に着いたら、スーパーGTオートポリス戦がスタートしたところだったので観戦。GT500は日産の1-2-3。GT300はJAF-GT勢が速い。レースを見つつ、撮った写真ファイルをPCに移動し、Lightroomで見る。JPEGファイルは(RAWのつもりで撮っているので)露出がいい加減で弄らないとダメだったのだが、何枚か弄ってみたところ、トーンジャンプとかも目立たず、まぁまぁ見られる画像になった。しかし、5/27のサッカーの写真もまだ全然現像できていないのに、一体いつ現像するんだ?>土・日の写真。おまけに、今度の木曜(6/5)は後半休を取って、座間の日産ヘリテージコレクションを見に行く予定なので、更にRAWファイルが増えてしまうのだけれど…