読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガルパン二本立て@イオンシネマ幕張新都心

06/15(水)
通院するから、という理由で有給休暇取得。いや、別に嘘ついているわけではないのだが。
朝9時に家を出て病院へ。細かい雨が降っているのでクルマで行く。先客?が二組いたが、それほど待たされることはなく、前回の血液検査の結果説明と問診。4週間分の処方箋をもらって薬局へ。ということは、また4週間後に休むってことだな。
だいたい1時間で帰宅。亜沙美は熱を出し、部屋で寝ている。カミさんは仕事は休みだが、昼過ぎから出かけるとのこと。しばらくワイドショーで舛添東京都知事の辞任の話題を横目で見つつ、以前撮った写真の現像など。昼食を3人で摂った後、カミさんはクルマでお出かけ。
14時過ぎに家を出て、徒歩で駅に向かう。午前中の雨は止んだが、どんより曇っている。こどもの国駅から、こどもの国線田園都市線半蔵門線有楽町線京葉線と乗り継ぎ、2時間以上かけて海浜幕張駅へ。遠い…
海浜幕張駅からは、イオンモール行きのバス。連接バスって初めて乗った。3Fのイオンシネマには16時35分ごろ到着し、まずは発券。映画は17時20分開始なので、少し時間がある。1Fの蔦谷書店で時間を潰し、17時ちょっと過ぎに再び3F。3時間弱の上映なので、開場ぎりぎりまで待ってトイレに行き、コーラを買って入場。席は前回(3月)のJ列より2列前のセンター。比較的空いているせいか、自分が席を確保した後、両サイドともひとつ空けて予約してくれたので快適。
まずはアンツィオ戦のOVA。4.1ch→9.1chアップコンバートだが、そんなに立体音響感はない。音圧は高めで、セリフが聞き取りにくいというほどではないが、ちょっとうるさいかなぁという感じ。まぁ細かい音質がどうのこうのというよりは、アンツィオ戦自体が楽しくて見入ってしまった。TV版のOP/ED曲も、劇場で聴くとこんな感じなんだ、と新鮮。事前情報通り、OVAが終わってすぐに「3分ちょっとでわかる〜」が始まる構成。こちらも、3月に見た時とは比べ物にならないくらい音圧高くて、個人的には小・中音量の繊細さが気に入っていたので、正直ここまで上げない方がいいんじゃないかと思った。ただそのおかげで?紗希の「ちょうちょ」のところでの羽ばたき音とか、アンチョビがタンケッテの上に立ち上がる時の「んしょ」という声とかが聴こえやすかった。9.1chの効果は、蝉の声とか、カールに砲撃されたときに、上から土砂?が降ってくる音などはいい感じだったと思う。
帯域バランスとしては概ね良好。「待ち伏せします!」とか「知波単、新たなる戦いです!」の冒頭に出てくる低音も、たっぷりと出ているのだが妙に膨らんだりせず、締まっっていて良かった。ED曲のバスドラも、立川みたいにズンドコしていない。この辺りは、低域の定在波をうまく制御できている印象。問題はもうちょっと高い音、「サッキヤルヴェン・ポルッカ」の時のベースラインあたりの帯域が妙に盛り上がっていることで、箱鳴りというわけではなさそう。メインスピーカーの低域を絞ってサブウーファを持ち上げているそうなので、その繋ぎの部分で盛り上がる帯域が出来ちゃったのかな、という印象を持った。個人的にはけっこう気になった。
BDが発売になってから劇場で見たのは初めてだったのだが、上映版とBDってずいぶん違うんだな。両方入ったBOXとか、そのうち出たりするんだろうか。
上映終了後、明るくなってすぐに退出し、エレベーターで1F。小走りでバス停に行ったら、すぐにバスが来たので乗車。行きと逆ルートで帰宅、行きと同じく2時間かかった。やっぱり遠いなぁ。