読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

01/25:「沈黙 -SIRENCE-」@チネチッタ/Androidタブレット発注

前半休で病院に行く。血圧が高いということで、人生初降圧剤を処方されたけど、どんなもんでしょうねぇ…
午後は出社だが、会社から早く帰れと言われているので、15時に退社。実質的に2時間しか会社にいなかった。
折角早く帰れるので、映画でも見に行くか、と思案。11月3日@チネチッタの「聲の形」で字幕が出なかった時にもらった「非常用入場券」があるので、これを使うことにする。京浜東北線で川崎に向かい、チネチッタのチケットブースに行って、17:25の「沈黙 -SIRENCE-」のチケットを発券してもらう。予約せずに映画館に行くのは、海老名で「君の名は。」を見たとき以来かな。1時間半以上時間があるので、とりあえずヨドバシに行って、しばらく店内をぐるぐる見て回り、それでも時間があるのでしばらく歩く。まだ早いので開いていないお店も多く、閑散としている。
17時ちょっと過ぎにチネチッタ到着。今日の劇場はCINE5。既に開場していたので入ろうとしたら、「中の売店は営業終了しています」と言われたので、ホットコーヒーを買ってから入場。今日の映画は160分もあるので、冷たい飲み物だとトイレに行きたくなるかもしれないので…
CINE5は284席なので、シネマシティのbstよりちょっと小さいぐらいかな。席はI列中央で、この辺りがちょうどスクリーンに正対する位置になる。入りは20人位いるかいないか、って感じ。
映画自体は、長いので退屈するかもしれないと思っていたのだが、全編適度な緊張感が持続して、全く眠くならず、集中して見ることが出来た。原作は読んでいないが、テーマのようなものは良く伝わってきたと思う。ほとんど劇伴がなく、エンドロールも虫の声・雨音・波の音のみという徹底ぶりで、この映画には良く合っている。観客も終盤まで、ほぼ物音を立てずに見入っていたのだが、エンドロールの繊細な環境音に聞き入っているときに、数人が物音を立てながら退出して行ったのが残念だった。まぁ長い映画だし、仕方ない部分もあるけれど。CINE5の音響は、サラウンドも自然に聴こえたし良かったと思う。もう少し中高音がクリアだったらさらに良い。あと、全般的に音圧が低い気がしたけれど、これはソースの問題かもしれない。EDの雨音は、AC海老名THXで聴きたかった気がするけれど…

映画館を出て、まっすぐ帰宅。夕食を摂って、食後にWEBでタブレットの価格情報を見ていたら、ファーウェイのMediaPad T2 8.0 PROのLTEモデルが、amazonでなんと17,471円だという。最近、カーナビ&会社昼休みのアニメ閲覧用に使っているNEXUS7(2012 3G)の調子が良くないので代わりを探していたのだが、まぁさすがにNEXUS7(2012)よりはSPEC上だし、これでいいんじゃね?ということで、64GBのMicroSDと一緒に発注。届くのは金曜かな。楽しみ。